人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.15

ビジネスパーソンが大谷翔平から学ぶべき5つのコト

【ビジネスパーソンが大谷翔平から学ぶべき5つのコト】

「二刀流」の投打の大活躍で全米にもその名を轟かせている23歳のスーパースター。野球のすべてを愛し、礼儀正しいことで知られる彼の本質を、15歳の時から取材し続けるスポーツライター・佐々木亨さんが語った。

 

「内なる声を信じ、自らの思いに純粋に従う」大谷翔平の素顔

 ピッチャーとして勝利をつかむ。バッターとしてもヒットを重ね、時には走塁でも異次元のパフォーマンスを見せる。それぞれの瞬間が「楽しい」と大谷翔平は言う。その感覚を追い求める過程には「正解がない」とも言い、彼はこう続けるのだ。

 

先人を超えたい!圧倒的な向上心を持ち続けた高校時代の大谷翔平

高校3年夏。岩手県大会決勝で敗れるも成長した姿を見せた。

 そんな彼の思考は、高校時代の3年間で確かな根を張った。花巻東高校の佐々木監督との出会いが大きかった。

 恩師は、言葉が持つ力を深く考え、選手への言葉かけを大切にする指導者だ。かつての佐々木監督の言葉を思い出す。

 

「特別なことは何もしていないんです」両親から深い愛情を持って見守られた大谷翔平の幼少期

奥州市立水沢南中2年からシニアチームでプレー。投打で活躍し全国大会にも出場した。

 両親は小さい頃から、彼の考えを優先し、おおらかに育てた。父・徹さんは、末っ子である大谷を「叱った記憶がほとんどない」と言う。7歳違いの兄と2歳違いの姉。どこの家庭にもあるように、子供同士で他愛もないことでケンカをすることはあった。年の近かった姉と「幼い頃はよくケンカをしていたものですよ」と言う徹さんはこうも話すのだ。

 

ビジネスパーソン必見!大谷翔平が高校時代に使った「目標達成シート」の作り方

《 目標達成シート 》

 大谷翔平が若くしてメジャーリーグの舞台で活躍できている理由は、単純にフィジカル的な素質に恵まれたからだけではない。彼の成功は、学生時代から、明確な目標を掲げ、その目標に向かって正しい方向性の努力を積み重ねた結果でもある。そんな大谷のメンタルトレーニングの一助となったのが、64マスからなる「目標達成シート」だ。

 

ビジネスパーソンに捧げる大谷翔平の名言集

「二刀流」で活躍し世界にその名を轟かせている23歳のスーパースター、大谷翔平。野球のすべてを愛し、常に向上心を持ち続け、謙虚であり、礼儀正しいことで知られている人格者だ。少年時代から彼が残してきた言葉には、ビジネスパーソンにとっても学ぶべきヒントがたくさんある。参考にしてみてはいかがだろう。

 

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ