人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人気モデルはお早めに!「ほぼ日手帳」来年の注目アイテムは?

2018.08.17

必携アイテム6:「ほぼ日 ホワイトボードカレンダー」

 こちらは出す度に好評だという「ほぼ日 ホワイトボードカレンダー」。その名の通りカレンダーに何度も書き消しができる、ありそうで無かった優れ物。

 家族間で使用するなら大きいサイズのものを、職場ならデスクサイズの小さいホワイトボードカレンダーがオススメです。

 月が過ぎると破り取る仕組みですが、裏面をそのままホワイトボードとして再利用するのが「ほぼ日社員流」だそうです!

●ほぼ日ホワイトボードカレンダー
 フルサイズ2808円
 ミディアム2268円
 ファイルポケット付き(卓上) 1620円

こんなのもあります:中国限定の「ほぼ日手帳」

 株式会社ほぼ日は日本の企業でありますが、中国限定発売の「簡体字版ほぼ日手帳」が存在するそうです。日本語版をシンプルに翻訳しただけの一冊ですが、中国人カスタマーの要望を常にヒアリングしながら改良を重ねている段階なのだとか。やはり日本で人気を博すアイテムは、中国でもファンが多いようです。

 そもそも、なぜ中国限定なのかという話。中華民国のネットワークは他国に比べると絶望的に制限されているというのはご存知の読者は多いはず。それゆえ、中国のお客さんが日本のオンラインショッピングを利用するのも大変な動力が必要だそうで。そこで、ならばその国でショップを開いちゃえば良いじゃないか! となり、中国限定発売を開始。こちらは「WeChat」「Tmall」のほぼ日公式アカウントから購入可能。逆輸入という面白い形で手帳をゲットするのもアリじゃないでしょうか?!

 さて、心に刺さるアイテムはございましたか? その他のラインナップはコチラから↓

ほぼ日手帳2019:https://www.1101.com/store/techo/

取材・文/松永舞香

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。