人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.10

なぜソフトバンク回線の格安スマホが増えているのか?

ドコモ回線を利用した事業者が圧倒的に多かった格安スマホ市場で、昨年春からソフトバンク回線を利用した業者が増え続けている。

格安スマホ業界でシェア率第5位につける「mineo(マイネオ)」も、ソフトバンク回線を利用したプランを2018年9月4日から提供開始すると発表している。

「大手キャリアvs格安スマホ」と捉えられがちなスマホ市場で、ソフトバンク回線を利用した格安スマホが増えている背景やソフトバンクの狙いはどこにあるのだろうか?

なぜ、ソフトバンク回線の利用が少なかった?

格安スマホ事業者の多くは、ドコモから回線を借りてサービスを提供している。この最も大きな理由は、ドコモのネットワーク利用料が、3大キャリアの中で一番安いからだ。

しかし、大手キャリア3社が2017年3月31日に格安スマホ事業者などに対する回線接続料の値下げを実施したことで、各キャリアの回線利用料が下がったことに加え、金額差が小さくなった(現在もドコモが最安値は変わらず)。これにより、昨春に「b-mobile」が初めてソフトバンク回線を利用した格安スマホの運用を開始し、それ以降「U-mobile」などが後に続き、徐々にソフトバンク回線を利用した格安スマホが増えてきた。

ちなみに10Mbpsあたりの料金は各キャリアとも以下の様に改定されている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ