人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

台紙に貼って送れば好きな商品と替えられた「ブルーチップ」を覚えてる?

2018.08.09

セービングブック1冊に、チップは500枚貼れるので、台帳一杯に貼り終わるまで、結構時間がかかりますが、徐々に溜まっていく喜びにより、気分が高まっていきます。

ちなみに筆者はこのスタンプを、台帳に貼りつけるお手伝いを、母親から任命されておりました。

チップを貼り付けたセービングブックが一定数量たまったら、カタログ商品に交換可能。

「ブルーチップ交換商品カタログ」を取り寄せて、そのポイント数で入手出来る商品を選んで申込みをして、好きなものが入手可能となるのです! やった!

交換商品カタログで商品を選ぶ時のワクテカ感は、今でも昨日あったかのごとく、思い出します。

現在は、ポイントカードにポイントを貯めて、ギフト券に交換出来ます。

●ブルーチップ受付センター
●ブルーチップ加盟店
●郵便・宅急便
●インターネット

で商品交換が可能です。

昔は家の近くに交換所もあった様な気が…。

開始当時には、影も形も無かった「インターネット」でカンタンに注文が出来るようになったのは特にデカいです。

最新な旬の商品を、画面を見ながらクリック一つで申込出来るのですから!

筆者宅では、普段、金出して買うまでもないだろう的な、いわゆる便利グッズや、一般のお店では売っていない、テレビショッピングで紹介されていた商品を注文した記憶があります。

今、ブルーチップスタンプを集めて、商品を申し込めるなら、うーん、そうですねぇ……。

最近、お腹周りがタプタプなので、「スレンダートーン フィット for Unisex」が欲しいですね。

「スレンダートーン フィット for Unisex」は、ハーフ券が68枚、ギフト券ブックなら34枚必要なので、500枚X34冊で、1万7000枚分のブルーチップを集める必要がありますね。こりゃ大変だ。

でもその分、目標枚数のチップを集めきった時の喜びは、格別なものとなるでしょう。

未使用のQUOカードを併用して、商品交換に使用出来るのは喜ばしいですね!

ここ最近は大手スーパーや、中小規模な商店も、お店独自のポイントカードかギフト券を発行するようになりましたが、まだまだブルーチップは全国の奥さんの気持ちと暮らしを支えており、ささやかな楽しみを提供し続けているのです…。

ちなみに! ブルーチップは現時点では、交換時期無期限。

古い納戸をよく探してみたら、昔のブルーチップの台帳が出てくるかもしれませんよ!

あの頃これが集めたかった!(今でもあります)お買い物の度にチップを集めて、台紙に貼って送ると好きな商品に交換してくれた「ブルーチップ」。

今でもよく、親子一緒に、仲良くチップを台帳に貼っていた、懐かしいあの頃を思い出します……。

※資料引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/ブルーチップ_(企業)
※その他資料・画像引用 筆者自身の撮影によるもの、もしくはメーカー・販売店サイト、またはwikipediaなど
※本記事は、あくまでも筆者の微かで不正確な記憶と主観に基づき、独断と偏見で飛躍した説明足らずで知識不足の実にテキトーな表現による中身のない誰にでも書ける単なる下らない多少話を盛った「エッセイ」であり、特定メーカーや機種、人物、趣味・嗜好・その他いろいろを貶める意図は全く御座いません。また筆者及び編集部はそのサービスの内容や継続性等を保障するものでは御座いません。
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は炎上しそうな箇所は概ねフィクションです。

文/FURU
デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ネタがテーマの漫画を得意とする→http://www.furuyan.com

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。