人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.08

食料品業界の働きやすい企業ランキング

残業、休日出勤、福利厚生、働く企業を選ぶ際、これらの項目は気になるところだが、食料品業界のいわゆるホワイト企業はどこなのだろうか?

グローバルウェイが、「食料品業界の働きやすい企業ランキング」を発表していたので紹介しよう。ランキングは、グローバルウェイが運営するサービス「キャリコネ」のユーザーによる「労働時間」「やりがい」「ストレス」「休日」「給与」「ホワイト度」の6項目の評価の平均点(総合評価)が高い食料品業界に属する企業をまとめたものだ。

食料品業界の働きやすい企業ランキング

1位:味の素~アミノ酸技術などに強みを持つ総合食品メーカー大手~

「味の素」は、2017年4月から8時15分始業、16時30分終業の「1日7時間15分勤務」を導入していることで知られている。不満らしい不満を漏らす口コミが少なく、労働時間以外の面でも高い評価を受けているようだ。

「残業は部署や業務内容によるが、深夜に及ぶような残業はほとんどない。残業代も全て支払われるため、やらされている感じはない。全社的に労働時間を減らしていくことが求められているため、早く切り上げて帰ることや、有休を取ることに対する後ろめたさは少ない。労働時間については相当恵まれている環境だと思う」
(営業企画 30代前半 男性 年収700万円)

「残業は月30時間程度、休日出勤はほとんどありません。残業代は当然でますし、何の不満もありません。自分で残業時間を調整することもできるので、柔軟な働き方ができ、プライベートの充実も図れていると思います。フレックスタイム制度の導入やコアタイムの廃止などで、今後ますます柔軟な働き方ができてくると思います」
(法人営業 30代前半 男性 年収850万円)

2位:明治~明治ホールディングス傘下のチョコレート菓子最大手~

明治ホールディングスは、労働時間の適性化や育児・介護と両立しやすい職場環境づくりに取り組んでいる。女性の活躍に向けた取り組みも盛んで、産前産後休暇、育児休業後の復帰率、定着率(※)は100%。ベスト5のなかでは突出して高い評価項目はなかたっが、バランスよく高得点を獲得していた。
※復職後、6か月経過しても在籍している従業員の割合

「繁忙期は残業することも増えますが、基本的には7時にはほぼ全員が退社しています。休日出勤をした際には振替休日を取ることが出来ます。振替休日が残っていると、しっかり休むようにと上司からも指示があります。会社としては長期休暇はありませんが、海外旅行など、有給休暇を取得し休むことも可能です」
(法人営業 20代後半 女性 年収550万円)

「食品会社ということで、幅広い商品、そして世の中でかなり知れ渡っている商品を取り扱っている部分は誇りに感じる。国内市場が成熟するなかで、今後、さらに海外の市場開拓が重要になってくると思っています。そこのあたりに携わることに意義を感じることができれば大きなやりがいになるのではないかと思います」
(企画営業 30代後半 男性 年収800万円)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ