人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

20~40代は「食の好み」、50~60代は「学歴」が同じ夫婦ほど幸福度が高い!?

2018.08.08

男性は食の好みより「金銭感覚」、女性は金銭感覚より「食の好み」

さらに先ほどの結果を、「結婚して幸せだと思う」人のみを対象として、男女別に集計。そのうち上位10位の結果を見てみると、男女に大きな違いはなかった。

細かな違いがあった項目の中で興味深かったのは、男性は「金銭感覚が同じ」が22.7%で、「食の好みが同じ」の21.4%より1.3ポイント高くなっていた点。

また、女性は反対に「食の好みが同じ」が29.9%で、「金銭感覚が同じ」の24.9%より5.0ポイント高くなっていた。

若い世代は「食の好み」、上の世代は「学歴」が同じ夫婦の幸福度が高い

次は同様に、世代別に集計して「結婚して幸せだと思う」人の傾向を分析した。20~40代では「食の好み」が3位であるのに対し、50代は9位まで下がって11.7%、60代は5位で19.8%。

また、50代と60代ではそれぞれ「学歴が同じ」(50代:3位18.2%、60代:8位15.1%)が10位以内に入った。

「食の好みが同じ」と「学歴が同じ」という項目について、世代別にまとめ直したグラフは次のとおり。20~40代の幸せ夫婦は「食の好みが同じ」傾向にあり、また「学歴が同じ」かどうかは幸福度にはあまり関係していないようだ。

20代夫婦は性格に関する項目が“同じ”方が幸せを感じている

性格に関する項目、「性格が同じ」「長所が同じ」「短所が同じ」「気遣うポイントが同じ」についても、それぞれ世代別に「結婚して幸せだと思う」人の状況を比較。

どの項目も他の世代に比べて20代夫婦が特に高くなっていた。若い世代にとっては、性格の一致が幸せな結婚生活に欠かせないのかもしれない。

夫婦で共通点が多いと、よりストレスになりにくいのだろうか。同じところがたくさんあるお相手となら、結婚生活に幸せを感じやすいのかもしれない。

もし、すでに婚姻されている人で結婚生活がうまくいっていないのなら、まずはお互いの共通点を見直してみてはいかがだろうか? 

まだ、お相手探し中の人は自分にとって重要だと思える共通点を見極め婚活に励んでほしい。

関連情報:https://www.p-a.jp/

構成/KATO

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

こちらの記事も読まれています

イマドキの社会人の結婚適齢期って何歳ぐらい?

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。