人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.04

ホンダの商用軽バン『N-VAN』に個性は必要か?

連載/金子浩久のEクルマ、Aクルマ

 ヒットを続けているホンダの軽自動車「N-BOX」や「N-ONE」「N-WGN」などの「N」シリーズに新たに商用の「N-VAN」が加わった。

機械として優れているか ★★★★(★5つが満点)

 プラットフォームや基本的なコンポーネンツなどは他の「Nシリーズ」各車と共用しつつ、商用ユースのための最適化が図られている。前席ドアを開け、後席のスライドドアを開けると、間に柱がないので前後に渡った大きな開口部が現れる。助手席と後席シートが床面低く倒れてフルフラットになるから大きな荷物でも簡単に積み下ろしすることができる。

 気になる柱は、実は前席ドアに組み込まれているから強度不足の心配はない。大量の荷物を積むことができるのが、この「N-VAN」の大きなセールスポイントになっている。“積んだはイイけど、その重さで思うように走れない”というのは杞憂だった。

 メディア試乗会には、荷物を想定した100kgのオモリが用意されていたので、それを積んで走ったところ、パワーが小さな方の自然吸気エンジン搭載車でも長く急な上り坂を難なく走り切った。パワーの大きなターボエンジン搭載車は、さらに余裕があったから、高速道路を頻繁に走る場合はこちらを選ぶと良いだろう。

「N-BOX」などと共通する前輪駆動レイアウトを採用しているために安定感はとても高い。走りっぷりにおおむね不満点はないのだが、ただ、タイヤの違いなどもあって、走行中の静粛性は「N-BOX」などよりも明らかに劣っていたのが惜しい。目の荒い舗装路面や石畳の上を通過する時には、ゴーッという音が車内全体に響き渡る。改良を待ちたい。

 ホンダは以前から、軽自動車にも「ホンダセンシング」という運転支援デバイスを標準装着している。ドライバーの負担を減らし、起こしていたかもしれない事故を少しでも減らすことができるので、軽自動車にも標準装着したのは立派な見識だ。「N-VAN」にも変わらず装着されていて、働く人の安全確保に大いに寄与している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ