人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

クーペスタイルから脱却したBMW新型『X4』の運動性能の進化を検証

2018.08.04

商品として魅力的か ★★★★★(★5つが満点)

 新型「X4」は、外見が大きく変わった。先代「X4」が「X3」に対して、リアウインドウの傾斜をとても強くして、クーペスタイルを強調していた。それに対して、新型はリアウインドウの傾斜はなだらかになり、クーペテイストは弱まったように見える。

 全長は81mm長くなり、全幅は37mm広くなった。ボディーが大きくなったことと併せて開発陣が強調していたのは、後席スペースの拡大と運動性能のさらなる向上だった。その狙いは達成されていることがわかった。実際に腰掛けてみると、レッグルームだけでなく天井からの圧迫感が小さくなった。頭を屈めずに乗り降りできることも改められた点のひとつだろう。

 ただ、クーペスタイルの特徴が弱まったことも確かで、それはちょっと寂しい気もしてくる。いずれにせよ、新型「X4」は外観こそ先代のイメージを希釈させたように見えるが、運動性能には磨きが掛かり、さらにスポーティーになった。「X3」との違いは歴然としている。

「X4はオンロードでの運動性能を第一に開発した。未舗装路やオフロードなども4輪駆動システムであるxDriveを進化させ、万全だ」

 開発責任者のヨアヒム・ドゥンケル氏も「X4」はオンロードでの走行性能を第一に開発したと認めていた。現在、マーケットにはミディアムサイズのSUVはたくさんある。スキーやキャンプなどのアウトドアアクティビティに求められるオフロードや悪天候化での走破力ではなく、オンロードでの走りっぷりを第一に求めるならば「X4」はその選択の最右翼に挙がるだろう。

文/金子浩久(モータージャーナリスト)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。