人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.07

転職エージェントに聞く!転職時の年収アップ交渉術

転職するならぜひ年収アップを狙いたい。しかし年収アップ転職と聞くと、そう簡単にはいかないイメージがあるかもしれない。しかし実際、これまで数々の転職者の年収を交渉し、見事年収アップを成功させてきた者は存在する。その年収アップ転職の秘訣はどこにあるのか。具体的な成果や交渉のポイントをアクシス株式会社 代表 末永雄大氏に聞いた。

転職における年収アップ交渉のコツ3つ

末永氏は、これまで数多くの転職者の給与交渉をしてきた経験を持つ。そこで培われた交渉のコツを挙げてもらった。

1.同業他社・同ポジションで3~5社の会社・求人を併願して受ける

「他社も受けて選考が進み、最終面接フェーズに至っていたり、内定を取得したりしていると、採用企業側も奪い合いの理論として、若干は給与部分を調整してもらいやすくなります」

2.エージェントに任せる

「自分で給与交渉するよりも、第三者であり、相場観を把握したエージェントが客観的に交渉したほうが角が立ちません」

3.希望給与条件を既存社員と比較した上で、企業側が自分へ支払う合理性を証明する

「自分の希望を一方的に伝えるのではなく、企業側・相手目線の合理性を証明・プレゼンする意識を持ちましょう。合理性を伝えられないのであれば、自分が無茶を言っているだけになってしまいます」

成功しやすい交渉のタイミングは2つある

給与アップ転職における交渉は、面接前、面接後などいつすればいいのかわからない。末永さんによると、成功しやすいタイミングというのは2つあるという。

1.エントリー段階

「エントリー段階は、大きなチャンスです。『いくらならエントリーする』というスタンスで行えるからです。ただ、この場合、エージェントを介するべきです」

2.内定時でまだオファー金額が提示される前、もしくは最終面接前

「内定がほぼ確定した段階でオファー金額が提示されていないとき、もしくは最終面接の前は、最後の交渉ポイントです」

成功する交渉の仕方

末永氏によると、成功する給与アップ交渉は、次の流れで行っていくそうだ。

●前提としてエージェントを介するのがおすすめ

「先ほどもお伝えした通り、自分で給与交渉するよりも、第三者であり、相場観を把握したエージェントが客観的に交渉した方が角が立ちません」

1.率直に他社オファー金額も共有する

「他社併願企業の選考状況や内定が出ていれば他社のオファー金額を率直に共有します。選考の評価が高ければ、他社金額よりも戦えるオファーを出そうとしてくれる可能性があります」

2.第一志望だがオファー金額により若干検討する旨を伝える

「志望企業に、『他社と比較しても志望度が高い』旨を強く伝えた上で、それが軸ではないものの、『一定相対比較でオファー金額で若干考えてしまう可能性はある』旨を、オファーレターが出る前に企業側にお伝えしましょう。

ただし、希望のオファー額でない場合に辞退してしまうわけではないということは、念を押して伝えます。なぜなら給与を最優先の選択・意思決定軸にしている人を採用したいとは思わないためです。うまく伝えないと誤解されてしまいますから、この微妙なニュアンスが重要になります」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ