人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.05

パパ必見!夏休みに子どものビデオを撮る時のテクニック

夏休みに、子どもと一緒にレジャーや旅行に出かける予定があるなら、今年は写真だけでなく、ビデオ撮影にも挑戦してみるのもいいかもしれない。しかし、ビデオ撮影はむずかしいイメージがあるし、すでに撮影経験はあるものの、なかなかうまくカメラを扱えず、いい映像が撮れなかった経験のある人もいるだろう。そこで今回は、パナソニックのビデオカメラ担当者に、夏休みの子ども撮影テクニックを聞いた。

よくある子ども撮影失敗例

子どもを撮影するときの失敗として、次のようなことがある。

1.録画ボタンを押したつもりになっていた
2.手ぶれ
3.無駄シーンが多い
4.撮影中のズームイン、ズームアウトが下手
5.遠くから撮っていて子どもの表情がよく見えない

このよくある失敗それぞれについて、パナソニックのビデオカメラ担当者に、解決策を聞いてみた。

子どものビデオ撮影をうまく行うための解決策

1.録画ボタンを押したつもりになっていた

「これはどうしてもやってしまうミスです。予防策は、録画ボタンを押す瞬間のタイミングにいかに意識付けを行うか。例えば、録画ボタンを押すときに録画ボタンが押されているかマークを確認することを癖付けるなどです。

またカメラは撮影開始や一時停止ボタンを押した後、液晶モニターの中央に『REC』アイコンなどが大きく5秒間表示され、ひと目で『記録中』と分かるようになっているものを選ぶのも一つの方法です」

2.手ぶれ

「今はテレビなど視聴環境が大画面になっているので、手ぶれや傾きは避けたいものです。基本的に、手ぶれ補正機能は、今ではほとんどのカメラに搭載されていますので、解決策となるでしょう。

最新の手ぶれ補正機能として、液晶画面に出るアイコンで水平かどうかを確認しながら撮影できるものや、センサーで検知したブレを手ぶれ補正エンジンで高速処理をしてレンズで自動補正し、レンズとセンサー、光学式と電子式の両方で5軸方向のブレを補正するハイブリッドシステムも登場しています。またセンサーと画像処理エンジンで、手ぶれの特性やブレ幅などを解析し、撮影者の手ブレの傾向や撮影状況(撮る角度・安定性・風の有無など)、撮影条件(手持ち・三脚・パンニング※など)に応じて、自動で最適な補正をするものなどもあります」
※パンニング…カメラの位置を変えず、カメラの向きを左右に振ることにより、広い範囲を撮影すること。

3.無駄シーンが多い

「無駄なシーンが多いと、視聴時間がダラダラと伸びてしまい、視聴時に家族からひんしゅくをかうことも。ただ、お出かけ中はいつどこで面白いことが起きるかわかりませんから、常にカメラを回しておきたいというのも事実です。結果的に無駄シーンが多くなってしまったとしても、長時間のイベントを短時間で見たいときなどに使える、ダイジェスト版の映像がショートムービー感覚で楽しめる機能付きがおすすめです。撮影した映像の中から、カメラが自動でハイライトシーンを抽出し、演出効果やBGMとともに短縮して再生するものです。後からダイジェストで見られると思えば、気にせず撮影を続けられます」

4.撮影中のズームイン、ズームアウトが下手

「ビデオカメラはズーム機能が充実していますが、やりすぎるとブレが目立つことがあります。そのため、近づいて撮ることができる場合には、できるだけ自分から近づくのがコツといえるかもしれません。

撮影中にズームを上手に使えなくても、あらかじめ広い範囲を撮影しておけば、あとからズームの効果を加えられる機能付きのものがあります。こうしたカメラを選べばOK。

またこの機能は我が子の動きが止まるなどして、変化の少ない単調な映像になってしまっても、広角撮影しておけば、あとからパン(パンニング)の演出効果を足すことも可能です。さらに風景シーンから我が子を印象的に登場させるなど、動きのある映像が簡単に作ることができるので、ズームイン・ズームアウトが不得手でも重宝します」

5.遠くから撮っていて子どもの表情がよく見えない

「ズームをし忘れてしまう、もしくはズームをしなくてもよく見えるだろうと思ってズームしないということもありますよね。これもあとからクローズアップする機能が活用できます。屋外のアクティビティでは、その場所、全体の様子はもちろん、我が子のアップも両方撮影したいものです。そこで、あらかじめ広い範囲を固定で撮影しておくのをおすすめします。すると全体を撮影できるともに、あとから我が子だけをアップにした映像にして保存することも可能です」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ