人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.02

低予算でスマートホームを実現する+StyleのIoT家電5選

 音声指示一つでちょっとした面倒な作業や動作をAIが代行してくれる居住空間、スマートホーム。米国ではスマートホームの軸となる「スマートスピーカー」無しの生活には戻れないという家庭が60%超えと、もはや依存レベルの結果が出ているそうです。日本でもジワジワと浸透してきており、この生活が依存を超えてスタンダードになる日も近いのではと感じております。

グッバイ、電灯のヒモ。

 さて、早くもスマートホームライフを満喫しているぜ! という、次世代型の読者に朗報。 +Style から、スマートホーム向けの新製品たちが7月26日より発売開始となりました。

+Style とは

 ソフトバンク コマース&サービスが展開する+Style は、2006年3月の展開当初からIoT(Internet of Things )製品を世に送り出したい企業と消費者を繋いできたプラットフォームです。クラウドファンディング機能だけでなく、製品企画段階からユーザーの意見が聞けるプランニングの場も設けることにより、ニーズに沿ったIoT製品が揃っているのが特徴。

 曰く、来たる2040年度には一人当たり1000個ものIoT製品を所有し、スマートホームの普及率も格段に上がるとのこと。そこで既存の家電を置き換える感覚で、家に溶け込むようなIoT製品を生み出していくのが +Style社の展望だそうです。

新製品はどこまで使える?!

 これまでのスマート家電は既存の家電をコントロールするというモノが多かったのですが、今回の新製品は家電自体をスマートにしたよ、という品々。もちろん、司令塔は Alexa、Googleアシスタントの二大巨頭。司令官はアナタ! ということですね。

 また、スマートスピーカーはないけどスマート家電デビューしたい! という人もご安心あれ。下記5製品を操作できるアプリ「Smart Life」をスマホに入れておけば、指一本で指示出しが可能です。

○スマートロボット掃除機(minibot製)

 健気な家電ナンバー1であろうロボット掃除機。自動クリーニングはもちろん、「ここだけ掃除しとけ!」との命令もしかと聞いてくれるスポット機能を搭載。ダストボックスを水タンクパーツへ交換する事で水拭きも可能に。大容量バッテリーにより、最大120分と稼働時間が長いのも嬉しいポイントです。

通常販売価格 2万1800円 ※8月3日まで 1万4800円
サイズ(幅×高さ) 約 320×88mm(突起部を除く)
重量 約 3kg
バッテリー容量 2,600mAh
最大稼働時間 120 分
充電時間 180 分
騒音値 65dB
集塵容積 600ml
水タンク容積 300ml
掃除可能面積 150~200 m2

○スマートモスキートキラー

 殺虫剤不使用で蚊を捕獲してくれるスマートモスキートキラー。ペットが居る家庭や、子どもお年寄りにも優しい製品。人体への影響は無いが、蚊が好むという356nmの紫外線LEDライトでおびき寄せ、ファンで吸収。捕らえられた蚊はポットの中で餓死、という原始的かつ少々切ない仕組みになっています。

 底葢をひっくり返し死骸を回収........パンパンになるまで放置するのはオススメしません。

通常価格 2700円※8月3日まで 2500円
サイズ(幅×高さ) 約 122×176mm
重量 約 440g
紫外線波長 365nm
定格出力 3W
カラー ブラック

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ