人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.01

映像エンジンDIGIC 8搭載!高精細な4K動画が撮れるキヤノンのコンデジ「PowerShot SX740 HS」

キヤノンは、新映像エンジンDIGIC 8を搭載したコンパクトデジタルカメラ『PowerShot SX740 HS』を8月30日より発売を開始する。価格はオープン価格。サイト直販価格は4万8500円。

『PowerShot SX740 HS』は、薄型・軽量・高倍率モデルである「PowerShot SX730 HS」(2017年5月発売)の後継機種になる。新映像エンジンDIGIC 8を搭載し、4K動画の撮影が可能になるなど基本性能が向上。広角から望遠までの幅広いズーム領域を持ち、自分撮りに便利な機能を搭載しているため、旅行先などに気軽に携行し、さまざまなシーンに合った撮影が可能だ。

映像エンジンDIGIC 8を搭載し、4K動画の撮影も可能に

光学40倍ズームレンズにより高倍率・高画質な撮影を実現

奥行約39.9mm、質量約299gの薄型・軽量ボディーに、広角24mmから望遠960mm相当の光学40倍ズームレンズとカメラ部有効画素数最大約2030万画素のCMOSセンサーを搭載。幅広い撮影領域で高画質な撮影が可能になった。また、デジタルズームを進化させた「プログレッシブファインズーム」機能により、解像感を維持したまま約1920mm相当の望遠撮影にも対応する。

レンズはHi-UDレンズ1枚、UDレンズ3枚、非球面レンズ3枚を導入した高性能レンズを搭載。高倍率と高画質を両立し、かつ、小型化まで実現した。鏡筒機構においては、レンズ収納時にレンズ群を光軸から退避させる構造を採用。この「レンズ退避構造」は、ボディーの小型・薄型化に大きく貢献している。さらに、高倍率化を押し進める中絞りISや、鏡筒外径の小型化を可能にする8枚レンズ構成にレンズバリアなど、数々の先進テクノロジーを導入した。

コンパクトデジタルカメラで初めて映像エンジンDIGIC 8を搭載

新映像エンジンDIGIC 8の搭載により、AF・AE(自動露出制御)連動で最高約7.4コマ/秒、AF・AE固定で最高約10.0コマ/秒の高速連写が可能。また、高精細な4K動画/4Kタイムラプス動画の撮影ができ、4K動画から高い解像感を維持したまま静止画を切り出すこともできる。またエンジンDIGIC 8の高感度撮影や高速連写など数々の機能を進化させている。

約180度チルト式液晶モニターと撮影後の楽しみを広げる多彩な機能を搭載

上方向に約180度回転するチルト式液晶モニターに加え、美肌効果や明るさ、背景ぼかしを設定できる「自分撮りモード」など便利な撮影機能を搭載。また、Wi-Fi / Bluetoothに対応し、事前設定したスマートフォンやタブレット端末へ撮影と同時に画像を自動送信することも可能だ。

本体サイズ/110.1×63.8×39.9mm、約299g(撮影重量)
撮像素子のサイズ・タイプ/1/2.3型高感度CMOS(裏面照射型)
焦点距離(35mmフィルム換算])/4.3(W)-172.0mm(T)[24(W)-960mm(T)]
開放F値/F3.3(W)-F6.9(T)
液晶モニター/3.0型TFTカラー液晶(約92.2万ドット)、視野率:約100%、チルトタイプ

関連情報

https://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/sx740hs/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ