人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.31

カスペルスキーが世界中のサイバー脅威をリアルタイムで可視化するマップの日本語版を公開

カスペルスキーの〝Cyberthreat Real-TimeMap〟とは?

情報セキュリティソリューションを提供するカスペルスキーは、世界中で発生しているサイバー脅威をWeb上でリアルタイムに可視化する地図「Kaspersky Cyberthreat Real-TimeMap(通称:サイバーマップ)」が、日本語を含む10か国語に対応したと発表した。

サイバーマップは、同社製品が検知・ブロックしたサイバー脅威をリアルタイムに表示する地図。2014年4月より公開され、現在では10か国語(英語、日本語、中国語(簡体字)、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、トルコ語、フランス語、ポルトガル語、ロシア語)に対応している。

サイバーマップでは、表示モード(3D表示と平面表示)や地図カラー(ダークとライト)の切り替えを始め、地球儀を回転させて各地域を拡大表示することができ、インタラクティブにその地域における脅威動向の詳細を確認することが可能だ。また、自動でリアルタイムな攻撃の様子を表示するデモモードにより、リアルにサイバー脅威を体感できるほか、ソーシャルメディアでのシェアにも対応する。

■Kaspersky Cyberthreat Real-Time Mapでできること

・種別ごとに色分けされたサイバー脅威を地図上にリアルタイムに表示
・統計データの閲覧
・秒あたりの検知数のグラフ(リアルタイム)
・本日の検知状況ランキング(国)
・過去の統計データ(全地域と国別、検知名、期間は過去1週間と過去1か月で切り替え可能)

■参照可能なデータ

カスペルスキー製品の各モジュールが検知・ブロックした脅威
オンアクセススキャン(OAS)、オンデマンドスキャン(ODS)、ウェブアンチウイルス(WAV)、メールアンチウイルス(MAV)、侵入検知システム(IDS)、脆弱性スキャン(VUL)、カスペルスキーアンチスパム(KAS)、ボットネット活動の検知(BAD)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ