人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.31

いつ頃、流行った髪型?整髪剤から読み解くスタイリングトレンドの変遷

1978年のブランド発足以来、いつの時代もカッコよくキメたいメンズの強い味方であり続けたギャツビー。

同ブランドが挑み続けてきたのは、若い男子の中に燻る「やりすぎかな…」「ちょっと恥ずかしい…」といった心理的抵抗感(タブー)を、新たなオシャレ・身だしなみ行動で打ち破るという、いわば、「タブーラインの限界突破」だった。

本稿では、今年7月18日をもって発売40周年を迎えたギャツビーが、どのようにタブーラインを超えてきたのかを振り返っていきたい。

ちなみに、「ギャッツビー」と、小さな「ッ」を入れる人をいまだ見かけるのだが、正しくは小さい「ッ」いらずの「ギャツビー」だ!

1985年‐スタイリングフォーム発売

業界初の男性用泡状整髪剤として発売。泡が髪全体になじませやすく、スタイリングのしやすさに加え、キープ力も高く一躍人気商品に。泡でスマートに整髪することが新たなトレンドになった。

1996年‐フェイシャルペーパー発売

人前なのにおしぼりで顔を拭く=居酒屋でサラリーマンのオジサンがすること…そんな若者の間でタブー視されていた行為を外出先で出来る「ペーパー洗顔」として提案し大ヒット。学生時代、スポーツや部活の後に、お世話になったという人も多いのではないだろうか。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ