人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.01

妻が評価する夫の家事と育児の時給は最低賃金以下!

長きに渡る夫婦生活の中で、否応なく生じるすれ違い。その最たる原因の一つが、家事・育児にまつわる「どっちがやるのか」問題だろう。

今回、イオングループで家事支援サービス事業を手がけるカジタクが、20~59歳の既婚の男女を対象に行った「家事・育児分担の実態および意識の違いに関する調査結果」を紹介する。

妻「私の大変さを分かってくれず非協力的!」、夫「仕事で疲れるのにコキ使う!」…そんな不満が積もり積もってある日大爆発…などということにならぬよう、既婚者の方はぜひとも参考にしていただきたい。

妻が思う夫の家事・育児の時給は東京都の最低賃金より低い784円

「もし仮に、仕上がりや出来栄えを考慮し、あなたご自身および配偶者が行う家事・育児に時給をつけるとしたら、いくらくらいだと思いますか」という質問に対し、妻が思う夫の家事・育児の時給の平均額は784円だった。

これは、東京都の最低賃金(地域別最低賃金/2017 年10月1日改正)の時給額958円よりも174円低い金額となる。

また、妻の11.7%は夫の家事の時給を100円未満と回答。さらに、500円未満と回答した妻(13.2%)と合わせると24.9%と全体の1/4 にものぼった。

一方、1,000 円以上と回答したのは 23.1%で、夫が自分自身の時給を1,000円以上であると回答した人(36.7%)よりも 13.6ポイントの差があった。

ちなみに、夫が思う妻の家事・育児の時給は1,340円に対し、妻自身が思う自身の時給は1,263 円となっており、妻が思う自分自身の時給よりも、夫が思う妻の時給の方が高く、妻の家事・育児を高く評価している結果となった。

夫婦で日常の「ストレス」に差。妻のストレスNo.1は「家事」(46.4%)

妻の日常生活におけるストレスの原因は「家事(46.4%)」である一方、夫は「家事」に対してストレスと感じている人は13.1%と 33.5 ポイントも低く、妻と夫の間で最も差があった。

ちなみに、夫の日常生活におけるストレスは「仕事先・学校(40.0%)」が最多と言う結果に。

また、家事・育児に関するストレスについての質問では、特に子どもと同居している働くママの「忙しくて自分が思ったような段取りで家事・育児ができない」(54.3%)と「家事・育児が忙しくて自分の時間が取れない」(54.3%)という回答が目立ち、育児をしながら働いている女性は、とにかく「忙しい/時間がない」と感じていることが判明。

一方、夫は 41.4%が「配偶者と家事・育児への価値観が違う」事と回答。

次いで、「家事・育児の不満を配偶者に言い辛い」(30.7%)となっており、家事・育児に関しては、夫婦間で異なる点にストレスを感じていることが分かった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ