人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

台風やゲリラ豪雨による浸水からクルマを守る大型車用の水ピタ防水シート製カバー

2018.07.28

くればぁは、台風・ゲリラ豪雨による浸水被害対策用「水ピタ防水シート」の消防車、救急車、検診車など大型車用カバーの受注発売を開始した。

温暖化の現象により各地で異常気象(ゲリラ豪雨)が発生し、地域住⺠に多大な被害をもたらしている。なかでも先日発生した⻄日本豪雨では、短時間での浸水により家屋だけでなく、自動車も水没して廃車になる被害が多数報告された。同社では2017年8月に、PM2.5・ウイルス対策マスクに使用している、水は通さず空気のみ通す高性能浸水対策シート「水ピタ防水シート」を車の浸水対策向けに製造した「水ピタ防水シート製車カバー」を開発。

今回、頻発する豪雨での車の冠水被害を観て、一般車両だけではなく、ライフラインが途絶えてはならいないと考え、大型車両向けシートの製造を決定したものだ。
一般車と違い凹凸のある車両に対応するため、 接合部や開口部からの浸水加工に何度も失敗を繰り返す中で、ようやく納得のいく方法を生み出し製品化。大型車は1台2000万円〜1億円以上と高額で一般車以上に被害損失も大きくなるだけに、その効果に期待が集まる。

製品の特徴としては、車を底面から天井まで全て隙間なく覆うことが出来るため、全方位からの浸水に対応。しかもシートなので軽くて持ち運びがしやすい。また軽ゆえ、わずか数分(5 分前後)!簡単に設置して浸水対策が行なえる。
畳んでしまえるコンパクトなシートだけに、車内に備えておくことも可能。水が入りにくい専用ファスナーを使用しているので、ファスナー部分の浸水も防げる。

そして全⻑ 10m 以上のはしご車など、大型車両にも対応。一般車と違い凹凸のある車体に対応するため、一般車向けに比べ強度を 1.5 倍強化している。

商品名/水ピタ防水シート製大型自動車カバー
価格/9万9800円(税込)〜
(オーダーメイドで希望のサイズに合わせて製作。上記の価格は幅 1.7m×奥行き3.5m×高さ1.8mの大きさで製作した場合)

「水ピタ防水シート」自動車設置画像

関連情報

http://www.nippon-clever.co.jp/lp/mizupita-lp.html

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。