人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

LINEモバイルとhandyはソフトバンクの完全配下になるか?

2018.07.29

ソフトバンク傘下のLINEモバイルはどうなる?

房野氏:LINEモバイルがソフトバンク回線のサービスを始めましたが、そっちはどうでしょう。

石川氏:いやぁ……なんでしょう、革新じゃないよなって。ちょっとね、なんだろう、大口叩く会社って大丈夫かなっていう気がすごくする。安定した回線を得られるメリットもある一方で、キャリアの傘下になって牙を抜かれたというか、攻められなくなるところもあるので、一長一短だと思う。ソフトバンク回線を始めて、「スマホはそのまま」という表現もしょぼい言い方だなって気がする。本来、ソフトバンクのiPhoneユーザーを取っていくべき存在なので、そういう言い方ができないのはもったいない。

房野氏:MVNOという立ち位置は変わらないんですか?

石野氏:変わらない。でも、ちょっと特殊なMVNO。通常、MVNOって装置は自分の会社に持つんですけど、LINEモバイルはどうやらソフトバンクの中に交換機とかがあるらしい。というより、ソフトバンクの交換機の一部を買い取っているみたいな感じらしいんです。なので、ちょっと特殊というか。新しい機能とか、どんどん入れられて面白いかなという感じは、少ししました。

法林氏:結局、LINEモバイルが当初やりたかったことができるってことです。いろいろやりたいんだけど、MVNE(MVNOの事業を支援する事業者)の関係でうまくできなかったことが、ソフトバンク回線になることでやりやすくなる。そのやりたかったことの1つが「格安スマホ最速チャレンジ」とか。ああいうのをやりたくてしょうがなかったんでしょ。

石野氏:ああいうことはやりやすくなるというか、交換機側に仕掛けを入れるときには直でやっているし、しかも親会社なのでやりやすくなる感じがします。あと、現時点ではスピードも出る。ドコモ回線のLINEモバイルのユーザーは、乗り換える価値はあるかな。

法林氏:歪んだ見方で申し訳ないんだけど、ソフトバンク回線は結構空いているのかなって最近思う。混雑しているところは混雑しているでしょうが、投資している割にユーザーを獲得できていないように感じることがある。国内の話だけじゃなく海外も、まだ980円で国際ローミングを提供できないし、ホワイトプランを止めてみたり、なんとかしてARPUが下がり過ぎないようにしているところがある。意外にユーザーが離れているか、もしくはトラフィックが多くないユーザーになってきているのかな。だから使わせても大丈夫だと思っているのかな、というところがある。逆にauはNetflixのバンドルプランでも、おっかなびっくり及び腰でやっている感がある。もしかすると、ソフトバンクはバンバン回線を貸し出しても平気だと思っているのかなというのが、最近思うところです。

房野氏:回線の利用料はどうなんですか?

石野氏:今はドコモが相変わらず一番安いけど、ソフトバンクがある年を境に急に値下げした。ドコモが一番安くて、次にauとソフトバンクが同じくらいだけど、だんだん3社の差がなくなってきている。

法林氏:昔は3社の差が大きかった。

石川氏:ソフトバンクの回線なんて借りられないという感じ。

法林氏:契約者数で割った数字だったので、契約者数が多い方が当然安い。だからドコモが断トツで安かった。ドコモは順調にMVNO向けの回線料金を下げていると思う。auはなんとかそこに負けないように、遅れを取らないようにしようと思っていたんだけど、MVNOでだいぶやられたので、mineoに貸したり、ビッグローブでもIIJでもみたいな感じで、いわゆるAプラン(auの回線を利用するプラン)を一生懸命増やした。ソフトバンクはY!mobileがある。Y!mobileはサブブランドで、数はある程度取れているけれど、もう少し自分たちの仲間を増やさなくてはいけないので、だからLINEモバイルを買ったんでしょう。純粋に回線を貸し出す先ではなくて、資本を半分以上持つ関係で、そこは総務省がいう“ミルク補給”。そういう関係を保持できる相手にはなっているので、少しは安く回線を貸し出せるんじゃないですかね。

石野氏:ソフトバンクはMVNO慣れしていない感じがすごくする。ソフトバンク回線でデータフリー(旧カウントフリー)を最初から提供できなかったのは、ソフトバンクが間に合わなかったから。

石川氏:ソフトバンクに技術力がないから。海外で使った分を日本で引くということができないのは、たぶん技術力がないからだと思う。アメリカ放題も、未だにアメリカで使った通信量をカウントできていないじゃないですか。技術力を持っていないので、こんな感じになっているんじゃないかな。

石野氏:人力のソフトバンクって言われますもんね。

石川氏:下手したらエクセルで計算しているんじゃないかっていう。

石野氏:そういう噂も絶えない。そのメリットとして、うっかり誤請求があったとき、文句を言うとすぐ直してくれる。機械が計算しているとバッチをかけたりして面倒くさいんですけど、手作業だったらちょんちょんと数字を変えるだけで済む……という噂が一時期、業界内で出回りましたよね(笑)

法林氏:エリアは別の次元の話なのでなんともいえないですけど、回線は空いているんじゃないかなって。LINEモバイルの「格安スマホ最速チャレンジ」とか、こんなことよくソフトバンク回線でやるなと思うんだけど、それができるくらい空いているんだなと、勝手に邪推している。根拠はありません。

石川氏:格安スマホ最速チャレンジもよく分からないですよね。

法林氏:自分で計るんでしょ?

石川氏:他と比べない。他と比べてこその最速じゃないですか。

房野氏:速度が1Mbps未満になると、ユーザーに1GBプレゼントするとのことですが。

石川氏:それが矛盾しているんですよ。最速=1Mbps未満にならないことって、違うじゃないですか。

房野氏:これだと“安定チャレンジ”といったところですね。

石野氏:1Mbpsは最低目標らしいですけど。

石川氏:それ、レベルが低くない?

石野氏:早々に下回ったら、もっと帯域を買っておけって話なので。

法林氏:石野君が記事に書いていたけど、SIMカードの問題もね。

石野氏:そう、ちょっと面倒ですね。そこらへんもソフトバンクの悪いところがモロに出ている。ソフトバンクがMVNO慣れしていないところで、過去にAPNをころころ変えてきたので、そのせいでSIMカードが2種類に分かれてしまっている。表向きはiPhone用と、その他用みたいになっていますけど、実はその他用も最新のiPhoneだったら使えるとか、SIMロックを解除したら使えるとか、条件が複雑。

法林氏:だから、日本通信がソフトバンクから回線を借りて、iPad向けのサービスを提供しようとしたら、ソフトバンクが「どのSIMが欲しいのかがわからない」なんて答えるはめになった。ともかく、ソフトバンクの回線は今は速い。快適に使えるので、空いているんだろううなぁ。

石野氏:まぁ、回線に関してはソフトバンクはここ数年がんばっている。

石川氏:「Massive MIMO(マッシブマイモ)」とかやっていますからね。

法林氏:技術力をさっき散々否定したじゃん(笑)

石川氏:他の技術を持ってくるのは早い。

法林氏:自分たちで料理できない。

石野氏:エリクソンとかファーウェイとかZTEの技術をすぐ取り入れる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。