人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.29

夏のポタフェスで見つけた注目のヘッドホン&イヤホン10選

Introduction

東京、秋葉原で7月14日15日に開催された「ポータブルオーディオフェスティバル2018 SUMMER」で見付けたヘッドホン、イヤホンに関する記事をお届けする。

■AMP、DAP編はこちら

Report

ポタフェスの本命であるヘッドホンとイヤホン。当然、出品数が多い。人気のモデルは順番待ちなので2日間回っても全モデルの試聴は難しい。そうなると見たことも聞いたこともないモデルを試聴したい。しかし、聞いてみたら全然ダメということ記事的にボツ。紹介できる製品がなくなる! そんな危険を避けるためよく知っているブランドも念のためにチェック。全体的には新製品を中心にとか悩んでいるとなかなか試聴できない。というパターンを毎回繰り返しているような気がする。

●MASTER & DYNAMIC『MW50+』参考展示

レトロなデザインにやさしい音色の癒やし系ヘッドホンMASTER & DYNAMICが展示したのは『MW50+』である。外見は『MW50』そのものに見えるが、ラムスキン製イヤパッドが従来のオンイヤー型に加えてオーバーイヤー型も付属。用途や気分によって付け替えられるのだ。交換はマグネット式なので工具不要でワンタッチ。これ1台で『MW40』と『MW50』の両方を所有できるというお得なモデルである。

オーバーイヤー型のイヤパッドを使えば遮音性が高まりS/N感のいい音が楽しめる。

軽快な装着感が得られるオンイヤー型のイヤパッド。

●AZLA『AZLA MK2』参考展示

AZLA『AZLA』はダイナミック型ウーハーとBA型のツイーターの同軸2Wayを採用、さらに独自のエアフロー技術を使ったハウジングなど、音だけでなく見た目と構造も革新的なイヤホンである。しかし、付属イヤチップが耳に合わないと低音が出ないことから賛否両論となった。今回、それを踏まえた『AZLA MK2』が展示された。イヤチップは独自開発した『SednaEarfit』に変更、フィルター変更、ケーブルが変更となった。聞いてみると音は確かに違う。全体的に音の輪郭がクッキリして、高域の解像度が上がり、よりシャープな感じになった。本来の『AZLA』らしさが、よりブラッシュアップされたのである。

ケーブルの色がシルバーになってイメージ的にも爽やかさがアップした『AZLA MK2』。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ