人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.27

JTの『プルーム・テック』、累計販売数400万台を突破

JTは同社が展開する低温加熱方式のたばこ用デバイス『プルーム・テック』の累計販売数量が、7月時点で400万台を超えたと発表した。

『プルーム・テック』は、たばこ葉を燃やさず、高温で直接加熱もしない、同社独自の『低温加熱方式』により、においの発生を大幅に減少させ、クリアなたばこの味わいを楽しめる加熱式たばこ用デバイスだ。
このような特徴に対して、同社によればユーザーからは、「においがほとんどしない」「車の中や自宅のリビングなど、様々な場面で使いやすい」と高評価を得ているという。

『プルーム・テック』は、低温加熱方式のたばこ用デバイス。専用のたばこカプセルとカートリッジ、バッテリーをセットすることで使用できる。
カートリッジ内のリキッドを蒸気にし、たばこカプセル内を通過させ、たばこベイパーを発生させる、『たばこ葉を燃やさず、高温で直接加熱もしない、同社独自の“低温加熱方式”』により、においの発生を大幅に減少させ、クリアなたばこの味わいを実現した。


『プルーム・テック』は、2016年3月に福岡市の一部たばこ販売店及びオンラインショップで販売を開始。2018年4月時点で累計販売数量200万台を突破してから約3か月、6月3日から全国の一部たばこ販売店、7月2日から全国のコンビニエンスストア等と、販売エリア及び販売店の拡大を経て、累計販売数量400万台に至った。
この件に関して同社では「今後もお客様の多様なニーズにお応えし、これまで以上にご満足いただける商品・サービスの向上を目指してまいります」とコメントしている。

関連情報

https://www.ploom.jp

構成/編集部

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ