人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.03

伝統の織物で仕立て、軽やかな着心地が持続するハニカムの阿波しじら織半袖シャツ

「阿波しじら織」は、干していた着物が雨に濡れて縮んだことに着目して作られたという。 経糸と緯糸の張力差によって生地に凹凸が生まれる。裾は短め。胸ポケット×1。

 風通しがよく、肌にべとつかず涼しい着心地が持続する。これぞ「夏シャツ」といえる快適な逸品だ。

一見、素朴な紺のシャツだが、和風の柄がさりげなくお洒落。裾が短めなのでシャツを出してもスタイルが決まる。

 生地は徳島県の「阿波しじら織」である。明治の初めから続くこの織物は、県の伝統的特産品に指定されている。織り上がった布をいったん熱湯にくぐらせ、乾燥させることで、糸の張力差により表面に独特のシボ(凹凸)が生まれる。これが肌ざわりのよさの秘密。古くから夏の和装に使われてきた伝統の織物を『サライ』読者のために涼しげな半袖シャツに仕立てた。

細かなシボ(凹凸)により、汗をかいても肌にまとわりつかず涼しい着心地。日にかざすと透けて見えるほど通気性がよい。

 袖を通すとサラサラの感触が心地よい。素肌に着けても張り付かず、動きも軽やか。濃紺に絣模様の縞柄がなんとも粋だ。夏の旅行や外出にぴったりの一着。チノパンやジーンズなどと合わせ、普段着のお洒落を愉しみたい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ