人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.26

ビールをもっと美味しく飲みたい人のための豆知識

ビールの美味しい季節がやってきました。仕事の後の冷たい一杯は格別ですよね。今回は新作ビールからビールをさらに美味しく飲めるグッズまで、ビールの話題を集めました。今晩はいつもと一味違うビールを楽しんでみませんか?

神宮外苑にビールもスイーツも楽しめる新しい醸造所『Beer&246 aoyama brewery』がオープン

 東京・神宮外苑にクラフトビールの醸造所を備えた「Beer& 246 aoyama brewery(ビアランド246 アオヤマ ブリュワリー)」がオープンした。無濾過生ビール「アウグスオリジナルビール」や、自分好みの味にアレンジができる「ビアサワー」、「パティスリー&カフェ デリーモ」のスイーツなど、個性的なラインナップを揃えている(価格はすべて税抜)。

 

「神泡」ファン続出の舞台裏!プレモルはなぜ泡までウマいのか?

『ザ・プレミアム・モルツ』(以下、プレモル)がこの春から展開している「神泡」プロモーションが好調だ。プロモーション開始後の3月後半の販売(2018年3月19日~4月1日同社出荷分)が前年比173%を記録、その後も勢いは衰えず、夏場の増産を進めている。

まさに「神泡」は今年上半期のヒット企画のひとつと言えるであろう。すでに成熟したビール市場でここまで支持された秘密はどこにあるのか? その鍵を握るのが「泡」だ。

 

アサヒビールが透明なクラフトビアスタイルの発泡酒『クリアクラフト』を発売

先月、透明なコーラ『コカ・コーラ クリア』が世間を賑わせたが、今回はアサヒビールから透明な発泡酒『クリアクラフト』が登場!

6月25日から8月末まで、グループの直営店舗4店でテスト販売する予定となっている。

 

いつものビールがバージョンアップ!きめ細かい泡で美味しくなるドウシシャの缶ビールサーバー『絹泡』

 ビールの味わいを左右する“泡”というキーワード。近年ではお店の味を再現すべく様々な家庭用泡立てガジェットが登場。その多くが据え置きタイプであることを考えれば、これほど手軽なグッズはほかにない。

 

フルーツ、ハーブ、かつお節が副原料に!酒税法改正でビールはどう変わる?

 今年4月、ビールに関する酒税法が110年ぶりに改正された。日本においてビールとは、麦芽、ホップ、水、酵母を基本に、麦や米、とうもろこしなどを副原料として使用しているものとされていた。ところが、海外のビールは、防腐や風味づけにハーブや香辛料、果物など実に様々なものを使用している。そのため日本に輸入されると、麦芽比率が高くてもビールの副原料に認められないものを使用しているので「発泡酒」に分類されていた。

 

飲むだけでアンチエイジング!?白トリュフエキスを配合したアムリターラのオーガニッククラフトビール『DHEAVA』

DHEAVA

国産オーガニックブランド「アムリターラ」から、お酒なのに、美にうれしい、世にも珍しいクラフトビール、オーガニックビューティーホップ『DHEAVA』が発売された。価格は330ml・850円。

 

サッポロビール園でしか飲めない生ビール『ファイブスター』の限定缶が登場

サッポロ ファイブスター

サッポロホールディングスのグループ企業であるサッポロビールは、『サッポロ ファイブスター』をセブン&アイ・ホールディングスのグループ各社限定で、2018年6月19日より発売を開始する。

 

好調クラフトビール市場で注目されるキリンビールの「タップ・マルシェ」

4月に入り東京でも20℃後半を連日記録。さらに実は今年の夏は太平洋高気圧の勢力が例年より強いと見られ、西日本、東日本を中心に暑い夏になると予想されている。そんな暑い季節に合う癒やしの飲み物と言えば、やっぱりビールだ。今年のトレンドはストロング系と酒税法の改正。ストロング系では例えばサントリーがアルコール度数8%の『頂』を、アサヒビールは同7%の『アサヒグランマイルド』を今年発売した。一方、4月に改正された酒税法とは簡単に言えば、ビールとして定義される麦芽比率が下がり、副原料に果実や香辛料なども加わった。つまり、従来とは味の違うビールが続々発売される可能性があるのだ。

 

好みの缶ビールやドリンクを入れるとビアカクテルが作れるグリーンハウスの家庭用ビールサーバー

グリーンハウスは5月上旬より、『カクテルビールサーバー(型番:GH-BEERLシリーズ)』を新発売する。この『カクテルビールサーバー』は、好みの缶ビールやドリンクを2本入れ、ビアカクテルを作ることができる家庭用ビールサーバー。 レバーを手前に倒すとビアカクテル、奥に倒すと超音波のきめ細かい泡が出てくる仕組みだ。切替スイッチでビールだけやドリンクだけ注ぐこともできるので、好みの割合でビアカクテルを作ることができる。

 

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ