小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

怖くて手が出せない!?着てみてわかった「ZOZOSUIT」の〇と×

2018.07.28

順当にいけば10分ほどで計測は終わる。体のサイズを把握している渡辺は、3回ほど計測をやり直した。理由は明白で、着用に関するちょっとしたルールを見過ごしていたからだ。

くるぶしのポイントがズレていると正確に計測できない!

実際に作成された3Dモデリングがコレ。そのほか、身長と体重を踏まえた平均体型データと、自分の体型を比較してくれるが、どちらもそれほど興味がない。カテゴリーによっては、計測値に見合った服をZOZOTOWNが取り扱う商品の中からセレクトしてくれるが、当方ストリートファッションは卒業した身なので遠慮した。興味の矛先はもっぱら「あなたのサイズの服を作成」である。

現在はスーツもオーダーできるそうだが(プロが採寸してくれる他商品よりも少し高額)、6月23日の時点でオーダーできるのは、『ストレッチデニム』『ボタンダウンシャツ』『カットソー』の3種類のみ(7月24日現在でオーダー可能なカジュアルアイテムは7種類に増えている)。今回は「ボタンダウンシャツ」「カットソー」を注文した。

ちなみに、注文からカットソー到着までは7日間、シャツ到着までに19日間かかった。「フルオーダーなのにすごい!」と思われる方もいるだろうが、それは誤りである。当方のおぼつかない記憶力によれば、『ZOZOSUIT』デリバリー直後の公式HPでは、確かに〝フルオーダー〟の文字が記載されていた。まさか!とは思ったが、案の定、現在その表記は消えている。というのも一般的に〝フルオーダー〟は、専用の型紙を起すだけでなく、仮縫いという着用感のお試しが入る。そんな面倒なことを、オプション料金も取らずにやれるわけがない。〝あなたのサイズ〟という文字から察するに、あらかじめ決まった型紙をもとにサイズを微調整する〝パターンオーダー〟で、服を仕立てているのだろう。とはいえ、注文が殺到しているであろうこの時期に、中国製で、このスピードはなかなかのものだと感心した。

さて、気になる商品をチェックしてみよう。

ZOZO『クルーネックTシャツ』1200円(税込み)

商品タグにはこのように、自分のサイズが記載されている。これに合わせて、カットソーを仕立ててくれたのだろうが、気になるのはツンとする糊の匂い。ご存じのとおり、カットソーは洗えば縮む。つまり、糊の匂いがするということは、洗いがかけられていないということだし、この状態でジャストサイズであることに意味はあるのだろうか……。と思うだろうが、問題はない。コットン100%カットソーは、洗えば縮むが、そもそも伸縮性に富んだ生地。むしろ、渡辺流に解釈すれば、小さいくらいが許容範囲である。

新品の『クルーネックTシャツ』は、腕を上げると嫌なシワが目立ったが、一度洗うと着用の違和感はすっかりとれた。なにせ、縦・横でおよそ2cmも縮んだのだから。

袖の縫い付け部分を比較。黒が洗う前で、白が洗った後。ともにサイズは同じ。

同じく白が洗った後のもの。着丈の変化よりも妙な反りが気になる。

ZOZOのTシャツは、アメカジ寄りのボックスシルエットになっている。個人的にアメリカものよりもヨーロッパのデザインが好きなので、買い足さないパターンだ。お次も同様に糊の匂いがするシャツだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。