小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

白いアメージングドームが気分をアゲる!グランピングリゾート「PICA Fujiyama」大ヒットの理由

2018.07.29

ビギナーも気軽にキャンプに行きたくなるデッキ付きテントサイト

PICAらしさはアメージングドームにとどまらない。気軽に、快適にすごしてほしいと考え、キャンプサイトも凝った設計だ。

5×7mのテント設営スペース+屋根付きウッドデッキ+2.5×7mの駐車スペースが1区画で、こちらはペット可。素泊まり1区画1万700円〜、2食付き・6名の場合ひとり8700円〜。2食付き・4名利用の場合はひとり9500円〜。

屋根付きデッキには、テーブルとチェア、作業台、ウェーバーのチャコールグリル、焚き火台がセットされている。
セルフクッキングの夕・朝食材付きプランを選べば、食材とともにキッチンツールや包丁、まな板、炭など必要な調理器具も付属される。屋根付きデッキなのでタープがなくても不便はない。自分で用意するのはテントとマット、寝袋、ランタン、そしてちょっと湯を沸かすシングルバーナーとケトルくらいなので、道具がそろっていないビギナーやコンパクトカーユーザーにありがたいプランだ。

炊事棟の給湯付きシンクは4台。作業スペースが広く、使い勝手がいい。

テントサイトは11区画なのでそう混雑することはなさそう。

寒い時期は閉鎖。限られた時間を楽しむユーザーに人気が集中

寒い時期になるとアメージングドームは休止、テントサイトを利用できる日も極端に少なくなる。

通年で利用できるのは、ゲストハウスの周囲に点在している床暖房付きのトレーラーコテージや、2階建てコテージ、ラグジュアリーなコテージ。いずれもウッドデッキとウェーバーのBBQグリル(コテージはガスグリル、テントサイトはチャコールグリル)、そして焚き火台が付属されており、寒い時期でも自然を感じつつホテルライクの快適ステイができるのだ。

アメージングドーム以外は素泊まり可能だが、PICA Fujiyamaのコンセプトは“PICA Grande Camp”。気軽に、快適に自然の中で過ごすことを追求して設計しているので、食材付きプランを選んでこそその神髄に触れられる。

■PICA Fujiyama
山梨県南都留郡富士河口湖町船津6662-10
https://www.pica-resort.jp/fujiyama/

文/大森弘恵

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。