人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.25

カスタムIEMもできる!秋葉原の「ONKYO BASE」が拡大してグランドオープン

■連載/ゴン川野のPC Audio Lab

Introduction

東京、秋葉原の旧万世橋駅跡地にあるお洒落な商業施設「マーチエキュート神田万世橋」の一角にオンキヨーの新ショールーム「ONKYO BASE」が7月5日よりグランドオープンされた。プレオープン時に比較して内部は約3倍広くなったという。ここでは東京・八重洲にあった旧ショールームとは違い、在庫がある製品はその場で購入ができる。ただし、アニメコラボ製品については、店頭で注文のみをおこない後日配送となる。

秋葉原という土地柄を生かして、同社の製品だけでなく普段は見る機会の少ないコラボレーション製品を展示、さらにアーティストや声優のトークショー、セミナー、ミニライブ、上映会などの各種イベントを開催する予定だという。またカスタムIEMの耳型採取から支払、受け取りまでワンストップで行えるだけでなく、専用機器によるメンテナンスまで実施している。営業時間は11時から20時(不定休)と会社帰りにも寄りやすい。お得なアウトレット製品の販売コーナーやオリジナルTシャツなど「ONKYO BASE」でしか手に入れられないオリジナルグッズもあるので、月に一度は訪れたいスポットだ。

Report

マスコミ向けの内覧会では、グランドオープンを記念して高橋洋子さんが訪れミニトークイベントがおこなわれた。残念ながら、ここでの「残酷な天使のテーゼ」の生歌披露はなかったが「ポタフェス2018年夏」で、その歌声を存分に楽しめた。高橋洋子さんはコンサートツアーでも『SE-C7BT EVA』の白を愛用しており、音の粒立ちが良くドライで細かい音まで良く聞こえると感想を述べた。現在、カスタムIEM『IE-C2』を注文して完成を待つ高橋洋子さんはワールドツアーにはグリーンとヴァイオレットのエヴァカラーのイヤモニを持っていきたい。アニソンは世界中で通用するパスポートであると語った。

「残酷な天使のテーゼ」リマスターシングルCDを持った高橋洋子さん。左はエヴァコラボイヤホン『SE-C7BT EVA』を持ったオンキヨー 執行役員の奥村暢章氏。

エヴァンゲリオンのコーナーにはリマスターシングルCD、コラボのBluetoothイヤホンなどを展示。

そしてこれが12.5型の4K液晶ディスプレイを搭載した「GRANBEAT Hi-res Tablet」である。参考展示で発売時期や価格は未定だ。

高橋洋子さんが7月4日に書いたサイン色紙も早速、展示されていた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。