人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.22

薄さ0.7mm!モレックスが様々な用途に使えるフィルム型バッテリーを開発

世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックスは、単回使用(使い捨て)タイプで低消費電力の小型機器用途に向けて、省スペース設計で柔軟性に優れたフィルム型バッテリー『Thin-film Battery』を発表した。出力電圧3.0Vと1.5Vの2タイプがラインアップされる。

多彩な用途に加え、廃棄時の問題解決にも期待

この『Thin-film Battery』は、0.7mmという薄さの柔らかくなめらかなシート形状で、柔軟性が求められるアプリケーションの電源に適したフィルム型バッテリー。民生用や医療向けのウェアラブル機器に応用した場合、その柔軟性から快適な装着感を実現できるはず。また商品の電子タグやスマートラベルなど、様々な形状に張り付けて使用するアプリケーションにも理想的なバッテリーといえる。

『Thin-film Battery』は亜鉛と二酸化マンガンで構成されているため、廃棄の費用や手間を抑えることができる点も特徴の一つ。現在、先進国の多くでは産業廃棄物処理の規制が厳しく、リチウム電池は廃棄時に費用と手間がかかる部品の一つとなっているが、本製品に用いられている亜鉛と二酸化マンガンは廃棄が容易なことから、こうした廃棄時の課題を解決することも期待できる。

またThin-film Batteryには内部抵抗の少ない積層構造が採用されており、単一層構造の製品と比べて、より高いピーク電流を供給することが可能。このため、無線通信を伴うアプリケーションなど、IoT時代を見据えた様々な機器に対応することができるという。

同社では、このバッテリーは、ウェアラブル電子機器、バイオメトリックモニター、スポーツモニターなどの民生用途、モニター装置や診断および治療用デバイス、血糖や呼吸モニター、ドラッグデリバリーなどの医療用途、スマートラベルやタグ、生鮮食品モニター、環境センサーなどの産業およびIoT用途に適している、と説明している。

関連情報

http://www.japanese.molex.com/link/thin-filmbattery.html

構成/編集部

 

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ