人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.22

林道走行でわかった新型「Gクラス」の進化と実力

■連載/大森弘恵のアウトドアへGO!

新旧Gクラスの違いを林道走行で比べるチャンス

 1979年の誕生からもっとも大幅な改良が施されたメルセデス・ベンツ/Gクラスの予約が、2018年6月にスタートした。

 メルセデス・ベンツ日本によれば「骨格となるラダーフレームから設計しなおし、専用サスペンションを開発。高いオフロード性能を維持しつつ、乗り心地を大きく向上しました。今どきの安全運転支援機能も用意しましたが、外観はできる限りオリジナルの雰囲気を残しています」という。

 そんな話題の新型Gクラスだが、6月早々に予約した人でも納車は早くて8月。まだまだ日本ではお目にかかること自体レアなわけだが、その新型Gクラスをいち早く、たっぷり試乗できるイベントが開催される。その名は「プライベート G アクティビティ・イン・白馬」だ。

 長野・白馬岩岳スキー場を利用して新旧Gクラスのオフロード走行を体験し、さらに世界レベルのアスリートがサポートしてくれるアクティビティを体験、そして山頂の特設サイトでキャンプができる、そんな魅惑の1泊2日が「プライベート G アクティビティ・イン・白馬」なのだ。しかも1回の開催で参加者は2組限定というエクスクルーシブなイベント。

 「プライベート G アクティビティ・イン・白馬」の開催前に、そのエッセンスに触れられる体験ツアーがプレス向けに行われたので、新型Gクラスとイベントの魅力をたっぷりとお伝えしよう。

試乗するのは白馬岩岳スキー場の林道で、ほかの車両は進入禁止。試乗する新型Gクラスは4817×1931×H1969mmと旧型Gクラスに比べて64mmもワイドになり、しかも左ハンドルが用意されていた。しかし恐れる事なかれ、Gクラスに初めて触れる人でも、対向車のないプライベートなコースは、日本ではやや大柄なサイズなど気にせず、安心して運転できるものだった。

立ち入り禁止の林道は、グリーンシーズンだとゲレンデ整備のために作業車が往来しており、轍やギャップがあちこちにある。そんな荒れた道でも、新型Gクラスはフワフワとした柔らかな乗り心地で、オフロード車特有の突き上げ感をほとんど感じさせない。とはいえ、揺れはあるので写真を撮れたのは一部フラットな区間のみ。写真だと勾配やギャップの厳しさがわかりづらいが、新型Gクラスのモニターにはその都度勾配が表示されており、最大勾配は22度におよんでいた。 

切り返しが必要な鋭角カーブで、しかも段差がある場所を進むには、勇気がいるもの。そんな環境下でも360度カメラシステムを使い、周囲の様子をモニターで確認しながら進めるのは実に快適だ。ほかにもメルセデス・ベンツ伝統のアダプティブブレーキ(ブレーキペダルを強く踏み込むことで、足をペダルから離しても停止したままになるブレーキホールド機能や、坂道発進に役立つヒルスタートアシスト機能)などを駆使。悪条件が重なるコースでは、新型Gクラスの運転しやすさが、より際立つ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ