人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.21

専用パーツとインテリアがクール!意のままの走りが楽しめる日産『リーフNISMO』

NISMOロードカーはこれまで、2013年2月に発売した「ジュークNISMO」を皮切りに、「マーチNISMO」、「ノートNISMO」、「フェアレディZ NISMO」、「NISSAN GT-R NISMO」、「セレナNISMO」とモデルを拡大してきた実績を持つ。
そして、今回、環境性能と最先端の先進・安全技術をあわせ持つ「リーフ」に、NISMOならではの「ピュアスポーツ」のスタイリッシュなイメージとパフォーマンスを注入した、「リーフNISMO」を設定。7月31日より全国一斉に発売を開始する。価格は373万4000円。

ベースとなる「リーフ」は、2017年10月にフルモデルチェンジ。電動パワートレインならではのシームレスでパワフルな加速、低重心を活かした軽快なハンドリング、「プロパイロット」や「プロパイロット パーキング」などの自動運転技術や「e-Pedal」などの革新技術を合わせ持つ、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を象徴するモデルだ。

空力性能に優れた、スタイリッシュなエクステリアと運転の楽しさを予感させるインテリア

NISMOロードカーシリーズの特長である「レイヤードダブルウイング」を採用し、Cd値を悪化させることなくダウンフォースを向上。低重心と走りのパフォーマンスを予感させるNISMOらしい精悍でスタイリッシュなエクステリアデザインを実現した。また大径化と軽量化、さらにホイール表面を流れる空気抵抗の低減を実現した、スポーティなデザインのNISMO専用18インチアルミホイールを採用。

インテリアはNISMO専用の3本スポークステアリングのレッドセンターマークなど、NISMOのアイコニックカラーであるレッドアクセントを随所にあしらい、ドライバーの走りへの気持ちを高揚させるスポーティな演出を施した。さらにインストルメントパネルに専用カーボン調フィニッシャーを採用し、専用電制シフトにガンメタクローム加飾を施すなど、スタイリッシュなインテリアデザインとした。

ドライバーの意のままの走りを実現するシャシー性能

専用の18インチハイグリップタイヤや乗り心地と操縦安定性能を両立した専用サスペンションを採用し、ドライバーの意のままの走りを実現。
また専用にチューニングされた電動パワーステアリングやインテリジェント トレースコントロール(コーナリング安定性向上システム)を採用。レーンチェンジやS字コーナーなど、ステアリングの切り返しが発生するシーンでの高い安定性とライントレース性を実現した。

NISMOらしい気持ち良い加速フィーリング

リーフNISMO専用にチューニングされたコンピューター(VCM)を搭載し、NISMOならではの力強く俊敏なアクセルレスポンスを実現。市街地やワインディング路において、気持ちの良いドライビングフィールを提供する。

同社では今回の「リーフNISMO」の発売について、次のようにコメントしている。
「日産は、世界中のお客さまに向けた安全かつ持続可能な社会の実現を目指すことを目的とした『ニッサン インテリジェント モビリティ』の取り組みのもと、クルマの『電動化』、『知能化』に向けた技術開発を進めています。地球温暖化やエネルギー問題、交通事故や渋滞など、クルマが関与する社会課題の解決を目指すとともに、クルマと人々の体験をよりワクワクするものへと進化させていきたいと考えています」

 

関連情報

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/leaf/nismo.html

構成/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ