人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Officeバンドルの真相から紐解く「Surface Go」とビジネスパーソンが好相性である理由

2018.07.21

──実際にご自身でも『Surface Go』を使われているとのことですが、どういうシーンでどういうところにベネフィットを感じられましたか?

バーロー氏 たとえばミーティングでは、ペンを使ってメモをとることもできますし、少し長い移動の際には、スタンドを立てて動画を楽しむこともできます。またキーボードをつなげれば、長文のメールも書ける。特筆すべきは、このようなPCの良さとタブレットの良さを1つのデバイスで享受できるということ。しかも小さく軽いので、どんな場所でも邪魔にならない。いつでも、どんなシーンでも、『Surface Go』が自分のやりたいことに応えてくれます。

──『Surface Go』は特にどのような人達に向けた製品なのでしょうか?具体的なターゲットが設定されていれば教えてください。

バーロー氏 『Surface Go』はこれまでの『Surface』シリーズ同様、高いデザイン性と、作業効率を実現した上で、さらに小さく、軽く、また手の届きやすい価格で提供されます。つまり学生にも、主婦にも、ビジネスマンにも、誰にでも使いやすい製品になっている。我々は製品を、特定の人のために作るという考えを持ちたくないんです。ただ敢えて言うとすれば、移動が多く、忙しい人は特に、この『Surface Go』に価値を見いだせるはず。どこでもさっと取り出して作業ができ、パッと閉じて軽快に持ち運べるからです。

幅245mm×高さ175mm×厚さ8.3mmは、Surfaceシリーズ最小サイズ。12.3インチの『Surface Pro』と並べると、そのコンパクトさが際立つ。

──日本の忙しいビジネスマンには、まさにぴったりですね。一方で、『Surface Go』は、コンパクトでコストパフォーマンスが良く、ペンなどを使った作業もできるなど、日本の教育現場で求められる条件も満たしています。今後日本の教育市場への販売にも注力されるのでしょうか?

バーロー氏 教育市場にはもちろん注目していますが、我々は単純に収益のためや、予算を費やしてもらうために、そこへ関わりたいと考えているのではありません。人が持つ可能性をITの力で開放したいという思いで、製品を開発しています。ただ日本の政府が教育のためにITの予算を割くこと自体は、とてもすばらしいことだと思います。それだけ日本の子供達の可能性が、様々な方向へと広がることになるからです。我々もその一助になれればうれしいですね。

──となるとライバルは『iPad』ということになりそうですが、『iPad』に比べて『Surface Go』が優れている点はどこでしょうか?

バーロー氏 学生が利用すると考えたとき、『Surface Go』はいくつかの点で優れていると思います。1つはPCだということ。マウスでもキーボードでもタッチでも操作ができる、タブレットとしても使えるPCです。タブレットして使うときはスタンドがついていますので、様々な角度で作業をすることができます。またペンも使えます。『Apple Pencil』と比べても、高い精度で使えるペンです。タブレットも良い選択だとは思いますが、『Surface Go』のような2 in 1のデバイスの方が、機能面でもまた拡張性という点でもより良い選択だと思います。より良く教えられるし、より良く学べるでしょう。

小学校の小さな机でも、教科書と一緒に並べられるコンパクトさ。価格は一般向けが6万4800円~、法人向けが5万2800円~、教育機関向けが4万7800円~で、Wi-Fi対応モデルは8月28日発売開始。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。