人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.22

熱帯夜続きで眠れない人におすすめの快眠テクニック

熱帯夜続きのこの時期、しっかり眠れずにお悩みの方や普段から不眠でお悩みの方にぜひ読んで頂きたい、睡眠ノウハウの記事を集めた。ちなみに、現在発売中の雑誌「DIME」9月号は、熱帯夜続きのこの時期、しっかり眠れずにお悩みの方、普段から不眠でお悩みの方に、ぜひご一読いただきたい睡眠の大特集を展開している。さらに、各社から一斉に発売された極薄超軽量ノートPCの最新モデル、さらには傑作揃いのスマホ夏モデルの徹底比較など、ビジネスパーソンが知りたい企画が盛りだくさん。正しく睡眠を取り、暑さに負けない健康な体を作ろう。

眠りの天才・のび太の睡眠トリビア10

現在発売中のDIME9月号の特集は「最高の睡眠テク50」。寝苦しい時期にぐっすり眠る方法を総力取材した。最新の睡眠テクニックは誌面でチェックしていただきたいが、ここでは9月号の表紙にも登場してもらった昼寝の天才・のび太の華麗なる(?)睡眠トリビアを紹介したい。のび太の昼寝スキルはハンパなものではなく、世界に通用するたぐいまれな才能と言える。眠りのスーパーエリート、のび太にあやかろう!

 

『スタンフォード式 最高の睡眠』西野精治氏に聞く〝睡眠負債〟のリスクヘッジ術

「睡眠負債」は「睡眠不足」とは違う。借金と同じで雪だるま式にリスクが高まり、命を脅かすのだ。今回、その重要性を世界的な睡眠研究の権威、西野精治氏に解説してもらった。

 

睡眠負債を可視化するバロメーター機能を搭載したSNS睡眠アプリ「Somnus」

日々の睡眠不足によって、借金(負債)のように溜まり続ける疲れ…。この状態を"睡眠負債"と呼ばれているのはご存知だろうか。

この睡眠負債が積み重なると、日々の生活や仕事のパフォーマンスが低下するだけではなく、うつ病・がん・認知症などの疫病につながることも近年明らかになり、睡眠の重要性が高まっている。

そんな悪影響をもたらす睡眠負債を解決するため、SNS睡眠アプリ「Somnus」は新機能『睡眠負債バロメーター』をリリースした。

 

熱帯夜でも快眠できる室内環境づくり3つのポイント

今月26日の夜から27日の朝にかけて、大阪・福岡などでは気温が25℃を下回らず、今年初の熱帯夜を観測した。東京都心でも熱帯夜になる可能性がある。空気のプロであるダイキンが、熱帯夜でも快適に眠るための室内環境づくりのポイントを公開している。

 

凸版印刷がシート型生体センサーで睡眠の質を解析するサービスを開始

凸版印刷は、シート型生体センサーにより心拍・呼吸データなどを取得して、睡眠の質を解析できる『SensingWave 睡眠見守りシステム』を、ホテルなど宿泊業界向けに販売を開始した。

 

寝返りは?マットレスの硬さは?専門家に聞く理想的な睡眠姿勢

質の良い睡眠を求めている人は多いが、理想のマットレスの条件はいかなるものか?「ショップジャパン」を運営するオークローンマーケティングが以前、睡眠に関する意識調査を実施したところ、良い睡眠は寝返りの数が「多い方が良い」と考えている人と、「少ない方が良い」と考えている人はほぼ同数となった。また体に良いマットレスの硬さは「柔らかい方が良い」と考えている人より、「硬い方が良い」と考えている人が多い、という結果が出た。

 

休日はゴロゴロしていたほうがいい!?週末の寝だめで寝不足は解消できる!

 睡眠不足がカラダに良いはずはないのだが、睡眠をめぐる事態はさらに深刻になっている。睡眠不足が続くと脳が“共食い”をはじめてしまうというのだ。

 

眠れない原因は寝室にあった!睡眠環境を見直す5つのヒント

夜、なかなか寝付けないということはないだろうか。その眠れない原因は人それぞれ異なり、複数関係していることもあるといわれる。眠れないのは環境に原因があることもある。そこでビジネスパーソンが実際に寝室の環境や寝具に問題があり、改善策を取ったことで眠りの悩みが軽減した事例や、睡眠に影響を及ぼす音、色彩、照明、温度・湿度、寝具の工夫を東京西川のねむりの相談所(R)のスリープマスターの下、紹介する。

 

寝だめはカラダに悪い!?専門家に聞く上手な寝不足解消法

週末に遅くまで寝ていると体に悪影響が!上手な寝不足解消法とは?

「週末に寝だめすればいいから」と平日に寝不足があってもがんばっているという人は多いのではないだろうか。しかし、週末に昼近くまで寝てしまうと、体に悪影響が及ぶといわれている。その理由と、上手な平日の寝不足を解消する方法を睡眠改善シニアインストラクターから聞いた。

 

睡眠圧を上げてぐっすり眠る5つのヒント

現代ビジネスパーソンは、長時間のPC利用の仕事スタイルから、運動不足になりがちだ。今、多くの人が不眠に悩まされているといわれているが、「睡眠圧」が下がっていることも原因だ。そこで、一般的な会社員が、睡眠圧を生活の中で上げる方法を、睡眠改善インストラクターに教えてもらった。

 

睡眠の質を高める就寝前の頭のマッサージ

 睡眠のサイクルを構成するのは、体の眠りである「レム睡眠」と、脳の眠りである「ノンレム睡眠」の2種類のリズム。寝入り(入眠)直後ノンレム睡眠に落ち、1時間ほどは熟睡している。脳を休める睡眠であるため、心拍数・体温が下がり、基礎代謝も低くなる。その後、睡眠は浅くなり、5〜10分ほどレム睡眠が現れ、再びノンレム睡眠へ入っていく。2種類を合わせた睡眠周期は約90分で、一晩に4〜5回繰り返される。

 

眠れない人必読!呼吸と副交感神経の深いイイつながり

眠れない人、必読!呼吸と副交感神経の深いイイつながり

夜寝るとき、神経が興奮してなかなか寝付けないという経験をしたことは誰もがあるだろう。残業や遅番などで帰宅時間が遅くなり、頭が冴え渡っていたり、疲れているのに興奮していたりして、寝付きが悪い夜が続いているという不眠ぎみのビジネスパーソンもいるかもしれない。そんなときにオススメなのがある呼吸法だ。

 

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ