人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ドライブレコーダーと連携するカーナビ売れ筋モデルをチェック

2018.07.20

大画面ナビのヒットモデルがさらに進化!

パナソニック『ストラーダ CN-F1XD』+『CA-DR02D』
オープン価格(実勢価格約14万円)

本体部分は2DINでありながら、9V型大画面ディスプレイを本体から浮かせるように設置した独自の設計で、ヒットモデルとなったカーナビ。最新モデルの『CN-F1XD』はユーザーから要望の高かったディスプレイの左右角度調整機能を搭載。専用のドライブレコーダーとの組み合わせならナビ側で映像を確認できるほか、夜間でも高感度録画が可能だ。

パナソニック『ストラーダ CN-F1XD』+『CA-DR02D』
『CA-DR02D』(実勢価格2万2000円)はカメラ位置の調整機能により、フロントウインドウの映り込みを防ぐ。

今まで不可能と言われていた大画面ナビ
今まで不可能と言われていた大画面ナビを数多くの車種に取り付けられるようにしたのがこのナビの最大の強み。すでに300車種以上に対応している。

ドライブをサポートする先進機能を搭載

カロッツェリア『サイバーナビ AVIC-CZ901-M』※ドラレコ機能内蔵MAユニット同梱モデル
オープン価格(実勢価格約18万7000円)

常に最新鋭の機能を搭載するサイバーナビ。同梱されるマルチドライブアシストユニットは高性能のドライブレコーダーのほか、前走車への接近や右折時のつられ発進などを注意喚起してくれる。またオプションのフロアカメラユニット『ND-FLC1』を接続することで車室内や後方の録画も可能。セキュリティー機能も充実している。

カロッツェリア『サイバーナビ AVIC-CZ901-M』
前走車との推定車間距離をカメラが捉え、接近すると色や効果音で警告してくれる。

7V型(200mmワイドモデルも設定)/8V型/車種専用の10V型
7V型(200mmワイドモデルも設定)/8V型/車種専用の10V型、とラインアップも豊富。モデル末尾にMが付くものはマルチドライブアシストユニットを同梱。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年5月15日 発売

最新号のDIMEは年間300万円節約するサブスク活用術!特別付録は「デジタルポケットスケール」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。