人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.21

○○が同じ夫婦ほど幸福度が高い!

長年寄り添う夫婦はだんだんとお互いに似てくるという。同じ屋根の下で暮らす相手とは、性格や好みなど日々の生活に共通点が多い方が、何かとうまくいきやすいのかもしれない。夫婦でどんなところが“同じ”だと、より幸せを感じるものなのだろうか。今回、パートナーエージェントは、20~69歳の既婚男女530人に対して「夫婦の共通点」に関するアンケート調査を実施した。

「価値観が同じ」夫婦(41.8%)ほど、結婚して幸せを感じている

まず、20~60代の既婚男女530人に「結婚して幸せ」かどうか聞いてみた。「そう思う」と答えた人が48.7%、「どちらかといえばそう思う」が30.8%で、合わせて79.5%が幸せを感じていた。

続いて、自分たち夫婦に同じところがあるかどうかを聞き、結果を先ほどの設問で「結婚して幸せだと思う」「そう思わない」と答えた人に分けて集計した。「価値観が同じ」という項目に関しては、「結婚して幸せだと思う」人と「そう思わない」人の結果に最も大きな差が出た。「結婚して幸せだと思う」人の41.8%が「価値観が同じ」だった一方で、「そう思わない」人は0.0%と1人も該当しなかった。夫婦の価値観が同じだと、より幸せを感じやすいのかもしれない。

また、夫婦に共通点が少ないほど、結婚生活に幸せを感じにくいということなのだろうか。結婚して幸せだと「思わない」人で、自分たち夫婦の同じところについては「特にない・わからない」と答えた人は35.7%だった。「結婚して幸せだと思う」人の9.7%より26.0ポイントも高くなっている。

男性は食の好みより「金銭感覚」、女性は金銭感覚より「食の好み」

さらに先ほどの結果を、「結婚して幸せだと思う」人のみを対象として、男女別に集計した。そのうち上位10位の結果を見てみると、男女に大きな違いはなかった。細かな違いがあった項目の中で興味深かった点を挙げていくと、男性は「金銭感覚が同じ」が22.7%で、「食の好みが同じ」の21.4%より1.3ポイント高くなっている。また、女性は反対に「食の好みが同じ」が29.9%で、「金銭感覚が同じ」の24.9%より5.0ポイント高くなった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ