人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.20

何が変わった?アップデートされた「MacBook Pro」の新機能をおさらい

6コアプロセッサ、32GBメモリ、True Toneディスプレイ、T2チップを搭載

アップルは先日、さらに高速な処理能力とプロ向けの新機能を装備し、これまでで最も先進的なMacノートブックとして、『MacBook Pro』をアップデートした。Touch Barを搭載した新しい『MacBook Pro』は、第8世代のIntel Coreプロセッサの搭載により、15インチモデルは6コアで従来よりも最大70パーセント高速で、クアッドコア(4コア)を搭載した13インチモデルは最大2倍も高速な処理能力を発揮。

さらに同社では、大規模データセットの操作、複雑なシミュレーションの実行、マルチトラックのオーディオプロジェクトの制作、先進的な画像処理、映像の編集といった作業に理想的な環境を提供すると説明している。そんな『MacBook Pro』の新機能や改善点について、もう一度確認しておこう。なお新しいMacBook Proは、13インチモデルは19万8800円から、15インチモデルは25万8800円から販売される。

『MacBook Pro』は、すでに世界中のデベロッパの間で最も人気のあるノートブックとなっており、新しいモデルはコードのコンパイルをより迅速にこなす一方で、複数の仮想マシンやテスト環境もこれまで以上に簡単に実行する。その他のアップデートとしては、最大32GBメモリのサポート、True Toneディスプレイ、より静粛にタイピングできるように改良された第3世代のキーボードがあげられる。

また、パワフルなRadeon Proグラフィックス、大型の感圧タッチトラックパッド、革新的なTouch BarとTouch ID、ダイナミックレンジの広いステレオスピーカー、Appleの独自設計による静粛な冷却システムに加え、データ転送、充電、2台までの5Kディスプレイへのビデオ出力、あるいは最大4基の外部GPUを接続できるThunderbolt 3ポートも完備する。

Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラー氏は、今回のローンチについて次のように述べている。

「最新世代の『MacBook Pro』は、私たちが作り上げた中で最も速く最もパワフルなノートブックです。第8世代の6コアプロセッサ、最大32GBのシステムメモリ、最大4TBの超高速なSSDストレージ、新しいTrue Toneテクノロジーを備えたRetinaディスプレイとTouch Bar、セキュリティを強化するApple T2チップ、第3世代になり静粛性を増したキーボードを、丸一日使い続けられるバッテリーと共に、薄型軽量デザインのアルミニウム製ボディに収めた最新の『MacBook Pro』は、プロユーザのための最良のノートブックと言えるでしょう」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ