人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.24

自分の歯にあったデンタルフロスの選び方と上手な使い方

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

デンタルフロスを習慣化させるには?

 予防歯科におけるセルフケアポイントのひとつが「歯垢を残さず落とすこと」。しかしハブラシだけでは約6割の歯垢しか落とすことができないため、歯磨きと一緒にデンタルフロス使うとオーラルケアとしてより効果的と歯科医からも勧められることが多い。とはいえ実際にやってみると面倒で、どうしても習慣化できず、買ってからしばらくは使うものの、いつの間にかやめてしまうというパターンを繰り返す人も多い。ライオンが行った調査では、デンタルフロスの使用者は約30%、中止者は約20%、未使用者が約50%。デンタルフロスを定着するには“習慣化”させることがポイントとなりそうだ。

クリニカ」オーラルケアセミナーでは、デンタルフロスを習慣化させるにはどうしたらよいのか、初心者でも上手にフロスを使うコツなど、デンタルフロスの関する悩みについて、ライオン 快適生活研究所のオーラルケアマイスター・平野 正徳さんに解決法を教えていただいた。

〇使うタイミングを決めておく

 習慣化できた人が行っている工夫を調べると、歯磨きと一緒、毎晩寝る前、入浴時など、日常の習慣とセットで行っているということがわかった。また、ハブラシとセットで置いておく、浴室やリビングに置いておく、すぐに使える状態で置いておくなど、目に見えるところにフロスを出して置くというのも習慣化できるコツ。実際に習慣化できた人の73%がいつも決まっているタイミングで使用しており、習慣化できない人は82%が使うタイミングを決めていないことがわかった。

〇自分に合ったフロスを見つける

 デンタルフロスには指に糸を巻き付けて使う「ロールタイプ」と、スティック状の「ホルダータイプ」がある。初めて使う場合はどちらを選ぶのか迷ってしまうが、一見するとホルダータイプの方が安定して使いやすそうだが、実は初心者は指先で調整できるロールタイプの方が向いているという。

 クリニカでは初心者でも使いやすい商品は若葉マークを付けている。7月に新発売されたロールタイプの「クリニカアドバンテージ なめらかスリムフロス」(オープン価格)は、滑りやすい性質の複合繊維を使い歯と歯の間に挿入しやすいため、初めてフロスを使う人にもおすすめ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ