人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

夏バテも吹き飛ぶ!今こそ食べたい激辛グルメランキング

2018.07.19

★激辛グルメを食べる頻度、“週に1回以上”と高頻度が16%

ここからは、さらに刺激の強い「激辛」にフォーカスする。以下は、この1年間に「激辛」をうたう商品やメニューを購入して食べた人(全体の40%にあたる399名)へのアンケート結果。まず食べる頻度ついては、“週に1回以上”と高頻度が16%、“月に1~3回”も43%で、合計すると“月に1回以上”の人が58%という結果だった。

激辛グルメを食べたくなるシーンでは、「理由はわからないが、無性に食べたくなったとき」が57%と最多で中毒性を示す結果に。2位は「寒い日」で39%、反対に「暑い日」も32%で4位だった。激辛グルメは冬でも夏でも人気なようだ。3位は「疲れやストレスが溜まっている時」36%だった。他にも、「テレビ番組で激辛グルメを見たとき」26%、「店頭で激辛グルメを見たとき」25%などを挙げる人もおり、たまたま目にしたことで中毒性が刺激され、思わず・・・という人も多いようだ。

★2018年夏に食べたい激辛グルメランキング

続いて人気の激辛メニューを調べると、日本人の国民食ともいえる“ラーメン”の人気が高い結果に!1位は「カップラーメン、インスタントラーメン」62%、2位は「(ラーメン店の)ラーメン」55%だった。「韓国料理」47%、「中華料理」42%、「カレー」40%、「タイ料理」30%など、辛いメニューが多い“アジア料理”の人気も根強いようだ。

【調査概要】
調査主体:マクロミル
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県に在住する15~49歳の男女(マクロミルモニタ会員)
割付方法:平成27年国勢調査による、都県別×性別×年代の人口動態割付/合計1000サンプル
調査期間:2018年6月19日(火)~2018年6月20日(水) 

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。