人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.08.06

懐かしの名作ゲームが続々復活する理由

 往年の人気ハードを小型化し、懐かしのソフトを収録したゲーム機が人気を集めている。ゲーム関連企業の分析を得意とするSMBC日興証券シニアアナリストの前田栄二さんによると、これまでも一定のニーズはあったという。

「過去のゲームを遊びたいファンは、これまでもいました。そのニーズをつかんだ製品が任天堂から登場し、このブームの火付け役となりました。ハードの小型化により、コレクション性も高まっています」(前田さん)

 任天堂には、これまでも都度課金で過去のソフトを遊べる『バーチャルコンソール』というサービスがあったが、『Nintendo Switch』で9月からオンラインサービス『Nintendo Switch Online』が本格スタート。加入すると定額で数多くの『ファミコン』ソフトもプレーできるようになる。

「今後、様々な世代のニーズに応えるサービスとして、注目を集めそうです」(前同)

 ドット絵のレトロなゲームが受けている理由については、やはり30〜50代といった『ファミコン』第Ⅰ世代が中心にいるからで、そこにはレトロなゲームならではの安心感や癒しの要素がある。

「ハイエンドで複雑になったゲームに疲れている人たちが、シンプルに楽しめるゲームに惹かれているのではないでしょうか。過去の人気作ならプレーする時の安心感もありますしね」(同)

 一方で『ファミコン』のソフトをスマホで遊べるように移植したアプリも人気だ。ミニハードになっての復活、最新ハードでの対応、スマホアプリ化など、様々な要素が相まって、レトロゲーム市場は今後も伸びていきそうだ。

■懐かしのゲーム機が〝ミニ〟になって続々復活

セガゲームス『メガドライブ ミニ』セガゲームス『メガドライブ ミニ』(仮称)。年内発売予定。価格未定。往年の人気ハード『メガドライブ』を約1/4サイズで再現。テレビに接続してプレーする。収録ゲームは未定。
©SEGA

SNK『NEOGEO mini』SNK『NEOGEO mini』。7月24日発売。1万1500円。ゲームプラットフォーム『NEOGEO』の40タイトルを収録。画面サイズは3.5インチでテレビに接続してプレーすることも可能。
©SNK CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ