人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.27

RPG型プログラミング教材はビジネスのスキルアップにも使えるか?

ディズニーの世界を楽しみながらプログラミングやクリエイティビティが学べるオンラインの学習教材「テクノロジア魔法学校」が2108年4月21日にリリースされた。一見、子ども向けに見えるこの教材、実はビジネスパーソンにとっても十分やりごたえのある教材なのだ。そこでビジネスパーソンにとって役立ちそうか実際に体験してみた。

またビジネスパーソンのスキルアップや副業に活かせるかを、「テクノロジア魔法学校」の総監督であるライフイズテックの小森勇太COOへとインタビューした。プログラミングに興味のあるビジネスパーソンもそうでないビジネスパーソンも、ぜひチェックしてみよう。

RPGのように楽しめる「テクノロジア魔法学校」

テクノロジア魔法学校は、IDとパスワードを取得すればPCとネット環境だけで学べるオンライン教材だ。ログインするとまるでRPG(ロールプレイングゲーム)のように、キャラクターのセリフと共に物語が進行する。随時、問題が出題され、それをマウスやキーボードを使って実際にプログラミングを打ったり、選んだりしてゲーム感覚で学んでいくことができる。

用意されている学習カテゴリは、「メディアアート」「Webデザイン」「ゲーム」の3種類。

メディアアートは、プログラミングを用いたアート表現のことで、プログラミング言語を通して円を描くといったものだ。Webデザインは、Webサイトを構築するためのHTMLやCSSなどの言語、ゲームはゲームをプログラミングして作るための言語を学ぶ。

いずれも、プログラミングやインターネットを学ぶ初歩として最適といわれる、「JavaScript」「HTML/CSS」「Processing」「Shader」の複数のプログラミング言語を学べるようになっている。

学習時間は全部で約100時間、基礎編が約40時間、応用編が約60時間となる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ