人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.18

伝統工芸士の桶職人が現代風にアレンジした弁当箱『讃岐弁』

 昭和30年にすし桶製造所として創業。平成30年には2代目・⾕川雅則氏が⾹川県伝統⼯芸⼠に認定されるなど、独自の技術に磨きをかけてきた⾕川⽊⼯芸。そんな同社から、2代目・⾕川氏が⾹川県伝統⼯芸⼠認定後、初となる新商品、昭和弁当箱『讃岐弁』が発売された。

 ラインアップは、昔ながらの⽊の良さを堪能できるこれぞ桶といえる『あのの』7560円、塗装することで変⾊しにくく、⽊に馴染みの少ない人にも⽊桶を感じてもらいやすい『ほんでの』8640円、「中⽥漆⽊」が伝統的技法で⼿掛ける最⾼級の漆を施した『漆の』1万5120円。

左から『あのの』『ほんでの』『漆の』

 今回の新商品は歴史ある桶の技術を、現在のライフスタイルに合わせ、新しい桶の形として誕⽣した弁当箱になる。コンセプトは“持ち運べるおひつ“。余分な⽔分を吸うおひつは、⽶本来の美味しさをより引き⽴てるとされる。さらに、讃岐弁の付属品として、若⼿起業家とのコラボレーション商品も開発した。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ