人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.22

13年ぶりのフルモデルチェンジ!東海道新幹線「N700S」東京駅初入線レポート

2018年3月に初お目見えしたJR東海の最新新幹線車両「N700S」。登場以来、各機器や走行性能を確認する試運転が繰り返されているが、6月22日〜23日にかけて、ついに東京駅に初入線! その様子が報道陣に公開された。

日中、東京駅に初入線を果たしたN700S。報道陣も殺到!!

N700SはN700系のデビュー以来13年ぶりのフルモデルチェンジとなる新型車両。新設計の走行装置を始め、車載バッテリーによる非常運転や、現在の東海道山陽新幹線のスタンダードである16両編成以外の短編成化にも対応しているなど、随所に新技術が採用されている。そのため今、走行しているN700Sは営業運転に向けた量産化を見据えた「確認試験車」となっており、東海道新幹線の本線上で試運転が繰り返し実施されている。当初は営業時間外の深夜時間帯の試運転が中だったが、最近では営業列車の合間に試運転を実施しているので、その姿を見かけた人もいるかもしれない。

N700Aとの大きな違いであるロゴマーク。

そんな中、6月22日の22時50分ごろ初めて東京駅にN700Sが入線。その翌日の23日に初めて明るい日中に東京駅に登場した。23日当日、営業列車が次々と発着する中、10時07分ごろに15番線へ「回送列車」としてN700Sが入線。集まった報道陣が一斉にカメラを向けた。その様子を見た他の利用客も見慣れないロゴマークのN700Sに注目していた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ