人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【開発秘話】シリーズ累計100万台を突破したアイリスオーヤマの布団乾燥機『カラリエ』

2018.07.18

筐体サイズをほぼ変えることなくシロッコファンを大型化

 こうして同社は、初代の『カラリエ』(品番:FK-C1)を発売する。従来の布団乾燥機と比べて小型軽量になり取り回しが良くなったが、「中には、足元が冷たいときに足元まで持って行き温めるのが面倒に感じる人もいた」(佐藤氏)ことから、筐体サイズを変えることなく風量をアップすることを目指すことにした。その結果誕生したのが、現在販売中の2代目(品番:FK-C2)である。

初代の『カラリエ』(FK-C1)

 2016年9月発売のFK-C2は、シロッコファンをFK-C1より一回り大きなものに変更するなどして風量が20%アップ。枕側からホースを差し込んでも足元まで温風が届くことになった。また、ヒーターのパワーアップも図り、より高温を発生することが可能になったほか、ホース先端のノズルカバーを立たせることができる立体ノズルにした。

2代目(FK-C2)で採用された立体ノズル。サイドのスリットにより、温風が前方向だけでなく横方向にも送られるようになった

フラップを上げて立体ノズルにすることで敷布団と掛け布団の間に空間ができ、温風を足元まで送りやすくなった

 こうした改良により、FK-C2はシングルサイズの布団であればほぼ完璧に、足元も温まるようになり、ダブルサイズにも適用可能となった。シロッコファンを一回り大きなものに変更したにもかかわらず、FK-C1の筐体サイズをほぼ変えることなく筺体に収めたので、使い勝手や取り回しが悪くなることはなかった。

側面から見た初代(左)と2代目(右)の比較。初代は後部がフラットなのに対し、2代目はシロッコファンの大型化によりやや出っ張ることになった

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。