人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.18

記憶力、ダイエット、高所恐怖症、VR技術がもたらす意外なメリット

 ゲームやビデオなどエンタメ系コンテンツを中心に徐々に普及が広がっているVR技術だが、最近の研究ではVRにさまざまな“想定外”のメリットがあることが指摘されている。

VR環境で記憶力が向上する

 記憶術のひとつに「記憶の宮殿(memory palace)」とういう方法がある。必ずしも宮殿である必要はないが、自分にとって馴染みがあり細部を思い出しやすい建物(実在するものでも想像上のものでも可)を頭の中で設定し、各部屋の各場所に記憶しておきたいことを配置していくという記憶法だ。

 そしてもしこの記憶の宮殿を3Dグラフィックで再現したらなかなか面白いことになるのかもしれない。

 米・メリーランド大学の研究チームは、40人の参加者に3Dコンピュータグラフィックの記憶の宮殿をPCディスプレイ上とVRヘッドセットを装着した2通りの方法で探検してもらい、記憶力をテストする実験を行なっている。

ZD Net」より

 記憶の宮殿の舞台となったの中世の宮殿の内部と、その宮殿を中心とした城下町一帯である。そして宮殿の内部にも街角にも、アブラハム・リンカーンやマリリン・モンローなどのアメリカ人に馴染みの人物の顔写真がいたるところに配置されているのだ。

 参加者はPCのディスプレイ上かあるいはVR環境の中でこうした顔写真を確認しながら宮殿の内部と城下町をそれぞれ5分間ずつ探検した。2分間のインターバルの後に再びこの宮殿と城下町を探検してもらったのだが、今度は写真があった部分に番号が振られた箱が置かれていたのである。そして何番の箱に誰の写真があったのかを思い出してもらったのだ。

 回答データを分析した結果、写真の場所を思い出す課題においてVR環境のほうが8.8%成績がよいことが判明した。8.8%というのは意味のある差異といえるだろう。

 参加者の多くはVR環境のほうが探検に集中できたことを報告している。3Dグラフィックスは2次元のPCディスプレイで体験するよりも、VRの3D空間で体験したほうがやはり印象深いものになるということだろう。

 研究チームはこの発見はVR技術が学習やスキルの習得など教育分野にきわめて有効に活用できることを指摘している。どうやら我々はVR技術によって“カラダで覚える”ことができるようだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年8月16日(木) 発売

DIME最新号の特集は「ミニマルギア100」「男のメルカリ活用術」! 特別付録は「シンカリオン 500 TYPE EVA」の激レアクリアファイル

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ