人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.21

話題の新型スティッククリーナーはここで生まれた!パナソニックの掃除機工場潜入レポート

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

パナソニック掃除機の生産を担っている八日市工場

 8月末に新発売されるパナソニックのコードレススティック掃除機「パワーコードレス」。開発、製造を担っているのが、滋賀県東近江市にある「パナソニック アプライアンス社 ランドリー・クリーナー事業部 八日市工場」だ。新製品の発売を機にプレス向けの工場見学会が実施され、工場内の見学や、技術者によるレクチャーなどのセミナーが開催された。

 八日市工場では樹脂成型、樹脂塗装、触媒加工と、掃除機(ロボット、スティック、紙パック、サイクロン、中近東向け)と生ごみ処理機の組立を行っている。8万6160㎡の敷地は管理棟、組立工場、成形を主に行う源泉工場の3棟で構成され、企画デザインから商品設計、生産まで一貫して同じ工場で行っており、最速、最安のモノづくりを実現している。

先端成形技術

 塗装では表現しにくい複雑なデザインをフィルム成形で実現するのが先端成形技術。フィルム成形は3種類あり、柄を印刷したフィルムを金型内に挿入し、成形工程と同時に加飾柄を外観部品に転写するのが「3次元インモールド成形」。高伸縮フィルムを使い、掃除機などの3次元形状の成形にも強い。

 金型内でフィルムを張り付ける「インサート」は、冷蔵庫や洗濯機の操作パネル部分に使われ、操作ボタンの“クリック感”を可能にした。「真空圧空」は、木目調、革調、デニム調など柄を印刷したフィルムを部品に密着させて貼り付ける、真空パックの原理を応用した方法。

 その他、同工場の先端成形技術では、小ロットで個別デザインを実現する、画像データによる印刷「UVダイレクト」、3次元形状への印刷を行う「3D ホットスタンプ」、世界最軽量2.0kgの掃除機の開発に寄与した、軽くて強い新素材「PP繊維」がある。

 プレスセミナーでは成形を行っている源泉工場を訪れ、インサート成形やフィルム加飾、工程管理などを見学した。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ