人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.19

日本に上陸した米国No.1掃除機ブランドSharkの〝常識を覆す〟実力とは?

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

4つの不満、不安を解消し、日本のライフスタイルに対応した掃除機

 北米で2008年からの10年間で累計5000万台以上もの売り上げ実績を誇り、米国売上ナンバー1のボストン生まれの掃除機ブランド「Shark(シャーク)」が、2018年日本に初上陸する。

 7月11日~24日まで、伊勢丹新宿店本館5階の「シャーク スペシャルストア」にて、日本初上陸のコードレススティッククリーナー「EVOFLEX(エヴォフレックス)」の先行販売を行っている。初日にはシャークニンジャ社日本法人のゴードン・トム社長を迎えて体験会が開催された。

 ゴードン・トム氏は90年代にダイソンを日本市場に展開し、サイクロン掃除機を初めて日本のマーケットに導入して同社の日本市場での成功の礎を築いた。エレクトロラックス日本法人社長時代はコードレススティッククリーナーを日本のマーケットに導入するなど、日本市場における外国ブランド掃除機の立役者だ。そして今回、「今までで最高の掃除機に出合えた」と自らシャークニンジャ日本法人を立ち上げた。計20年、日本に住んでいたトム氏は流ちょうな日本語でこう話す。

「私が伊勢丹新宿店で最初に買い物をしたのが36年2カ月前。息子が日本で生まれて、何が必要かわからず困っていたところ、6階のベビー用品で優しいおばさんが全部揃えてくれた(笑)。その場ですぐ日本の百貨店の良さがわかった。

 日本市場進出に当たっては試作機を使って、日本の50世帯の家庭で6週間のテストを3回実施し、改善を重ねた。ゴミを取り除く能力への不満、家具の下など狭い所の掃除のしづらさへの不満、収納への不満、稼働時間や充電への不安、シャークは従来のコードレススティッククリーナーに対する4つの問題を解消した」(トム氏)

 シャーク社掃除機の特徴は、徹底的にリサーチを行い、そこで暮らす人たちのニーズを満たす製品作りを行っているということ。吸引力重視のアメリカの製品をそのまま販売するのではなく、トム氏のコメントにもあったように、日本の家庭でテストを重ね、日本のためにデザインされたのが「エヴォフレックス」だ。実際に試してみると、コードレススティック掃除機の不満を解消する工夫を随所に実感した。

〇ヘッドをいちいち変えずにどの床面でもひとつで掃除できる

 使用時の質量は約3kgだが、試してみて最初に驚いたのが、自走式なので軽い力ですっと動くということ。ヘッド部分は種類の異なる2つのブラシを搭載した「DuoClean」を採用。前面部分にはやわらかなフロントローラーで大きなゴミをキャッチして、後方のブラシローラーでカーペットの奥に潜んだ細かなゴミを取り除く。床面に合わせてヘッドを変える必要がなく、本体の床モード切り替えスイッチだけで、フローリング、カーペット、畳が掃除できる。吸引力に関しては、どの床面に対してもかなり有効な印象だ。

 また、電源のオンオフ、モードの切り替えはボタンで操作できる。20分以上掃除する場合、トリガーを引き続けていると指が疲れてくるので、ボタンによるスイッチは結構うれしいメリット。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年10月16日(火) 発売

DIME最新号の大特集は「秋の新製品ベストバイ」特別付録は1/7スケールのロボット掃除機「ルンバ」メジャー!?

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ