人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.21

新しいステージへと進化した「カローラスポーツ」買うならターボ?それともHV?

12代目となるカローラは、ついにカローラの若返りを本気で目論(もくろ)む新型だ。なにしろユーザーの平均年齢は直近のデータではセダンのアクシオが70歳、比較的若々しいワゴンのフィールダーでも60歳というのだ!

■進化し続けるカローラが纏った新しい武器

ここで紹介するトヨタ最新のプラットフォーム、TNGA(Toyota New Global Architecture)をカローラとして初採用したカローラスポーツは事実上、オーリスの後継車(欧州では新型もオーリスのネーミングのまま販売される)であり、ハッチバックのスポーツをまず登場させたのは、カローラの若返り戦略によるものと言っていい。

カローラスポーツのクルマづくりは以下の2軸を基本としている。

まずは新型クラウンにも採用されたコネクテッド。auの通信網を使うAI音声による対話、オペレーターサービス、eケアなどを含む通信機器DCMを標準装備し、つながるメリットを生かした安心・快適をもたらしている。まさに新時代ベーシックをアピールできる大きなポイントだ。

クルマの基本となるTNGAは現行プリウスから採用され、プリウスの走行性能を劇的に高めているのは周知の通りで、続くC-HRもクロスオーバーSUVとしての完成度の高さ、デザイン性もあって、2017年国内SUV販売台数NO.1に輝いた人気車となっている。

そのTNGAはC-HRからさらに進化。ポイントはステアリングフィール、新ダンパー採用による乗り心地、静粛性の向上が主で、トヨタセーフティセンスもトヨタ最新の第二世代のものが用意され、自動ブレーキは夜間の歩行者、昼間の自転車にも対応。ブラインドスポットモニターもあり、ACC(アダプティブクルーズコントロール)は全車速域対応となり、渋滞時にも使えるようになった点は大いに歓迎すべきだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。