人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

いよいよ夏休み!新しくなった「鉄博」の歩き方

2018.07.14

 さてシミュレータホールの反対側には未来の鉄道に入り込み、これからの鉄道の姿をみんなで考える「未来ステーション」がある。このコーナーは鉄道と社会がこの先どのようになっていくのか、ということを「受け身」ではなく自らどのようにしていくのかというふうに考えることができる施設だ。入口にあるアバター製造機で自分の分身を作り、未来の世界に入っていくことができる。

次世代の鉄道を共に考える「未来ステーション」

 新館3階はこれまでの時代が求めた鉄道の姿を時代別に展示されている「歴史ステーション」になっている。中に入ると中央には時計が。これは日本が誇る定時運行の象徴となっており、その周囲に5つに区分した当時の鉄道の時代やその背景を駅の様子や様々な展示で学ぶことができる。各時代の入口にはその時代を象徴する駅がガラス上に浮かび上がり、また、その当時の駅舎を壁面が再現されており、ただ見るだけでもその時代を視覚的に学ぶことができる。

本館3階の「歴史ステーション」。展示方法も美しく、わかりやすい内容になっている

その時代を象徴する駅が浮かび上がる壁面。ここは東京駅になっているので壁は赤レンガになっている

昭和から現代にかけての駅をモチーフにした展示。時代ごとに大きな変化が見られることが具体的にわかる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。