人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

いよいよ夏休み!新しくなった「鉄博」の歩き方

2018.07.14

 続いて新館2階へ。このフロアはてっぱくにきたら絶対体験したい運転シミュレータがある。その中でも特に存在感があるのが……E5シミュレータだ! 本物そっくりに作られた運転席に座り、実際の東北新幹線を走るE5系で収録された映像を見ながら最高時速320km運転を疑似体験することができる!

あのE5系をあなたの手で動かしてみよう!

運転席もリアルに再現された「E5シミュレータ」

 レベルは初級、中級、上級の3つで、中級以降は途中に通過駅も設定されている。運転終了後には採点もしてくれるのも楽しい。こちらのE5シミュレータ、全面のプロジェクター映像の他、運転席左側にも小さなモニターが備え付けられている。これは迫力演出ではなく、停車位置目標の確認用のモニターになっている。新幹線は「鼻」が長いため、列車の先頭に停車位置を合わせるのではなく、運転席の横に停車位置を合わせる方式になっている。それを厳密に再現するためのモニターなのだ!

運転後には採点も! この日の僕は92点、やったね! 上級は北上駅から盛岡駅までを運転できる

運転席側面にあるサブモニター。こちらを見ながら窓枠の矢印に停車位置目標を合わせて停める。

 なお、E5シミュレータは整理券が必要で一回500円、小学生以上から体験することができる。E5シミュレータの反対側の部屋にはこれまで本館にあった205系、211系のほか、新しくE233系のシミュレータも誕生。「E233シミュレータ」はバリアフリー設計となっており、車いすのまま運転体験をすることができる。こちらの3つのシミュレータは先着順無料でだれでも体験できる。その他、運転士体験教室も本館からこちらに移設。運転士の業務を授業形式で体験することができる。(有料500円、要予約、小学生以降体験可能で1~4年生は保護者の同伴が必要)

手前からE233系(京浜東北線)、211系(高崎線)、205系(山手線)のシミュレータ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。