人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ますます身近な存在に!生活を潤いを与えてくれるロボットの話10選

2018.07.13

会話をしたり踊ったりと人間のパートナーとなったり、生活を便利にしてくれたり、プログラミングの教材となったりと、ロボットが身近なものになってきています。生活に潤いと刺激を与えてくれるロボット、みなさんもお迎えしてみませんか?

キャッチーな表情とコミカルな動きが面白い!赤外線レーダーを搭載した6足歩行ロボットキット『フォロ』

キャッチーな表情とコミカルな動きでコミュニケーションをとることができるロボットキットが登場!電子工作キット「エレキット」の企画・開発・製造を行うイーケイジャパンは、赤外線レーダー搭載で6足歩行のロボット『フォロ』を発売する。

人間にもっとも近い手の動作を実現したアバターロボット「MELTANT-α」

メルティンMMIが、2018年3月12日(月)に独自開発のアバターロボット「MELTANT-α(メルタント・アルファ)」を発表した。

英語音声認識機能やカメラを搭載した英語学習ロボット『チャーピー』

日本人の英会話力不足は、改めて最適されるまでもなく、国際化社会におけるウィークポイントとなっている。英会話力育成は、日常的に英語で会話をすることが最も近道だが、日本国内には英語を話す環境が身近にないのが現状だ。とはいえ留学にには大きなコストがかかってしまう。

そこでCAIメディアは、2018年3月16日より新型英会話ロボット「チャーピー」の販売を開始する。価格は5万8000円(税込)。

南米発祥の箱型打楽器“カホン”を自動演奏するソロミュージシャンのためのロボット『Cabot』

自動リズム演奏ロボットCabot(カボット)を開発するUTSUWAは、2018年3月11~14日に米国テキサス州オースティンにて開催されるSXSW 2018 Trade Showに出展する。

Bluetoothに対応し進化を遂げた世界最小のプログラミング学習用ロボット『Ozobot Evo』

ニューヨーク近代美術館MoMAのミュージアムショップ、MoMA Design Storeは、世界最小プログラミング教育ロボット「Ozobot」の新機種『Ozobot Evo』の先行販売を開始した。販売価格は1万4630円。

シャープの大人気ロボット電話機『RoBoHoN』に命が吹き込まれる瞬間に密着

2016年5月、経営再建真っ只中のシャープから登場した〝電話〟が世の中を沸かせた。それは小型のロボット電話。歩き、座り、話し、もちろん電話も掛けられる。『RoBoHoN』誕生の足跡を追った!

渋谷にロボットが本格ドリップコーヒーを提供する『変なカフェ』がオープン

エイチ・アイ・エス(以下、H.I.S.)は、ロボットがコーヒーの販売・提供を行なう「変なカフェ」を2月1日より、に渋谷モディの地下1階H.I.S.渋谷本店内に新規オープンすると発表した。

12年ぶりに『aibo』が復活!ロボットと人の新しい関係

ソニー『aibo』

 戌年の2018年はペットロボット元年となりそうだ。

 その象徴的存在が『aibo』だ。飼い主との会話や触れ合いを個々の『aibo』のAIが学習して個性を育み、データをクラウド上のAIが集合知として蓄積し、『aibo』がさらに賢くなる。

ユーザーの感情に合わせた会話が可能な家庭用学習型ロボット『ユニボ』

ソフトバンク コマース&サービスは、ユニロボットの個性を学習するパートナーロボット『ユニボ(家庭向け)』の取り扱いを開始。全国の一部大手家電量販店、SoftBank SELECTION オンラインショップ 、百貨店などを通じて販売を開始した。価格は本体15万8000円、基本パックは月額3980円。

 

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。