人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.15

タブレットの利便性を拡げてくれる高性能スタイラスペンとその活用術

とても便利で生活の一部となっているタブレットですが、どうしても細かい操作は限界がありますよね。スタイラスペンを使えば繊細な操作が可能となり、手書き感覚でタブレットをより使いこなせるようになりますよ。今回はスタイラスペンおよび、ペン入力デバイスを取り上げてみました。

ペアリング不要!AndroidとiOSに対応したワコムの極細スタイラスペン『Bamboo Tip』

ワコムはAndroidとiOS対応の極細スタイラスペン『Bamboo Tip』の発売を開始した。『Bamboo Tip』はOSの互換性に悩まされることなく、1本のスタイラスペンを複数のデバイスに共通しての利用が可能。また、スタイラスペンとデバイスのペアリングが不要で、すぐに書き始めることができる。直販サイト価格は6280円。

Apple Pencilに対応した廉価版iPadを1週間使ってわかった○と× 

 低価格版の『iPad』が、これまで『iPad Pro』の専売特許だったApple Pencilに対応した。9.7インチの第6世代『iPad』が、それだ。チップセットにはiPhone 7と同じ、「A10 Fusion」を採用。Apple Pencilによる手書きが可能になっただけでなく、パフォーマンスを必要とするアプリを駆動させるのにも十分なスペックとなった。

 必要十分な機能を満たしながら、Wi-Fiモデルの32GB版は3万7800円と低価格だ。組み合わせによって10万円を超えてしまう『iPad Pro』と比べると、気軽に買えることは間違いない。では、この新しい『iPad』は本当にきちんと使えるレベルに仕上がっているのか。アップルから借りた実機をレビューした。

Windows 10デバイス対応したスマートスタイラスペン『Bamboo Ink』がワコムから登場

ワコムはAESに加え、MPPに対応することでWindows 10デバイスでも利用が可能なスマートスタイラスペン『Bamboo Ink』を、8月4日より発売する。

紙のような読みやすさと書き味を追求したソニーのデジタルペーパー『DPT-CP1』

ソニーは電子文書をまるで紙のように読み書きできることを追求した、小型A5サイズ相当のデジタルペーパー『DPT-CP1』を6月上旬より発売する。価格はオープン価格。予想実勢価格は約7万円。

満を持ちして発売されたペン付きスマホ『Galaxy Note8』を使ってわかった○と×

 相次ぐ発火事故を受け、発売が見送られてしまった「Galaxy Note 7」。日本では、1世代前に当たる「Galaxy Note 5」も発売されず、Galaxy Noteシリーズの後継機が待ち望まれていた。Sペンの手書きの快適さや、大画面の魅力で着実にファンを増やしてきたGalaxy Noteだが、「GALAXY Note Edge」の発売から、実に3年の月日が流れてしまった格好だ。

 

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。