人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

発音判定、業種別、自分仕様、通勤中に効率よく学べる英語学習機はどれ?

2018.07.16

ビジネスにおいて必須スキルと言っても過言ではない英語力、身につけるには日頃からの勉強が重要です。今回は通勤時間を英語学習に活用できるアイテムを紹介します。さらに、いざという時に大活躍するオンライン翻訳機も一緒にいかがですか?

カシオがリスニング学習機能や発音判定機能など搭載したデジタル英会話学習機2モデルを発売

カシオ計算機は、デジタル英会話学習機の新製品として、すぐにリスニング学習を開始できるソクキク機能を搭載した『EX-word RISE XDR-S1』と、英語文章の発音判定機能を搭載した『joy study JY-S01』を、11月17日より発売を開始する。価格はともにオープン価格。

所要時間わずか2秒。文字をなぞるだけで意味も発音も確認できるシャープのペン型スキャナー辞書

シャープは、なぞるだけで2秒でわからない言葉の意味を調べられる、ペン型スキャナー辞書の新シリーズ「ナゾル2」として『BN-NZ2E(英語モデル)』『BN-NZ2C(中国語モデル)』を4月19日より発売する。価格はオープン価格。予想実勢価格は、『BN-NZ2E(英語モデル)』が約1万6000円、『BN-NZ2C(中国語モデル)』が約1万8000円。

「英語応対能力検定」公認!おもてなし英語力を学べるカシオのデジタル英会話学習機

カシオ計算機は、ポケットサイズのデジタル英会話学習機“joy study(ジョイスタディ)”のラインアップを拡充。おもてなし英語力を磨く「英語応対能力検定 」の公認学習機として販売・飲食業種向けの『JY-L04』、宿泊・交通業種向けの『JY-L05』を4月21日より発売を開始する。価格はオープン価格。

海外出張を控えた崖っぷち編集者がデジタル英会話学習機を初体験!

 急な海外取材が入り、焦るDIME編集者I。実は今まで何度か英会話を学んでみたが、続かなかった。不規則な生活のためなかなか英会話教室にも通えず、なにより出張までに時間がない! そこで目をつけたのが、カシオのデジタル英会話学習機『EX-word RISE』(エクスワードライズ)。これを活用した「家電留学」で仕事の合間に猛勉強をスタート! ちなみに、「家電留学」とは、駅前などの家電量販店で手に入るデジタル英会話学習機を使った、@DIMEが提案する一番能率的な英会話学習方法。自分のペースで学べ、続けられる英会話学習の新スタイルなのだ。

自分に最適な英会話を学べるmonomのウェアラブルデバイス『ELI』

博報堂のプロダクト・イノベーション・チーム、monom(モノム)は、第4弾のプロダクトとして、普段の会話を解析することで、自分に最適な英会話を学べるウェアラブルデバイスおよびスマホアプリ『ELI』(エリ)のプロトタイプを開発した。

ボタンを押して話しかけるだけで瞬時に音声と文字に翻訳するオンライン翻訳機「MagicSay」

トライアングルズは、海外の人との会話におけるコミュニケーションをもっと円滑にするため、26か国語対応・双方向オンライン音声翻訳機「MagicSay」を開発。先日胃より販売を開始した。価格は1万7800円(税込み)。

 

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。