人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

3000mAhは当たり前の時代に!?大容量バッテリースマホの選び方

2018.07.13

いくらスマホの性能が上がっても、すぐにバッテリー切れになるようでしたら安心して使えません。今回は大容量バッテリーが特徴のスマホを紹介します。

Leicaトリプルカメラ×AIでプロレベルの写真が撮れる究極のスマホ『HUAWEI P20 Pro』がドコモから登場!

3月にパリで発表されて以来、モバイル業界だけでなくカメラ業界も騒がせている『HUAWEI P20 Pro』が、日本でもいよいよ6月下旬よりNTTドコモから発売される。Leicaが手がけるカメラを、光学3倍ズームを含め3つも搭載し、最先端のAIも内蔵。SIMフリー市場で人気を集める前モデル『HUAWEI P10/P10 Plus』と比べても、その性能は大きくジャンプアップしていると前評判もすこぶる高い。スマホで撮れる写真の常識を塗り替えたとさえ言われる、『HUAWEI P20 Pro』の実力は本物なのか。プロカメラマンの厳しい目でチェックした。

この夏のスマホは『HUAWEI P20 lite』を選べば間違いなしと断言できる理由5

KDDIが2018年夏の最新スマートフォンラインナップを発表。そのひとつ『HUAWEI P20 lite』が6月上旬以降に発売開始される。昨年SIMフリー市場で最も売れたスマートフォンのひとつ『HUAWEI P10 lite』の後継機種。19:9の高精細でワイドなディスプレイ、背景をボカした写真も自由自在のダブルレンズカメラ、ナチュラルに盛れるセルフィー、顔&指紋のハイブリッド認証、大容量バッテリー&急速充電など、欲しい機能が全部入って、「スマホ選びに迷ったら、コレを買っておけば間違いなし」と言えるバランスの良い一台になっている。なぜ「迷ったらコレ」なのか、その理由を紹介していこう。

AI×Leicaダブルレンズ搭載!HUAWEIのフラッグシップスマホがついにSoftBankから登場

ファーウェイのフラッグシップスマートフォン『HUAWEI Mate 10 Pro』が、SoftBankから発売される。一眼レフカメラにも迫る驚きのカメラ性能にAIのインテリジェンスが加わり、プロのライター、カメラマンにも人気のこのスマートフォンの何がすごいのか。DIME編集部イシザキと、スマホ担当ライターオータが紐解く。

ASUSの新型スマホ『ZenFone 5』シリーズが搭載した「AI機能」とは?

ASUS JAPANは「誰でも気軽に堪能できる、ワンランク上の贅沢」をコンセプトに開発されたZenFoneの最新世代、「ZenFone 5」シリーズを発表した。初代の『ZenFone 5 (A500KL)』から4年、ZenFoneシリーズは4世代を経て、再び「5」に戻り、新しい『ZenFone 5』は新たな境地に一歩たどり着き、美しく、そしてインテリジェントに進化した。

シャープから動画と静止画を同時に撮影できるスマホ『AQUOS R2』が今夏登場

シャープは、世界で初めて「動画用」と「静止画用」の2つのアウトカメラを搭載。動画と静止画を同時に撮影できるスマートフォン『AQUOS R2』を2018年夏モデルとして商品化すると発表した。

ハイエンドスマホを超える爆速スペックのゲーミングスマホ『Razer Phone』の実力検証

ITジャーナリスト富永彩乃と、携帯電話研究家の山根康宏"博士"がモバイルの最新製品をビデオで解説。今回は2018年1月にラスベガスで開催されたCES2018で展示されていた、ゲーミングPCメーカーRazerが生み出したハイスペックなスマートフォン、Razer Phoneを紹介する。

バッテリーをシェアできるオンキヨーのSIMフリースマホ『CAT S41』

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、バッテリーシェア機能を搭載したほか、落下・水没・幅広い温度環境(-25~55度)などの過酷な状況下の使用が可能なCATブランドのスマートフォン『S41』の販売を開始する。

 

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。