人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.07.13

敢えて選びたくなる?コンビニのヘルシーおむすびを実食!

 食品、衣類、文房具……毎日の生活に欠かせないものがこれでもかと揃うコンビニエンスストアだが、なかでも食品の充実ぶりはすごい。とりわけ、ライザップとコラボしたファミリーマート商品や、プライベートブランドの惣菜やスイーツ、人気のサラダチキンなど、ヘルシー志向の商品が次から次へと棚に並べられていく。

 さてそんなコンビニ業界が今力を入れているのが、手軽に食べられる日本人のソウルフードである“おむすび”だ。

 2017年8月からと、いち早くスーパー大麦“バーリーマックス”をおむすびに取り入れたのはファミリーマートだ。一般の大麦に比べて約2倍の食物繊維量(大麦/押麦の約2倍、玄米の約7倍、白米の約40倍以上)を含む、非遺伝子組み替えのスーパー大麦。これを、“毎日継続できること”をコンセプトに、混ぜご飯に加えることでおむすびとして商品化した。主に女性をターゲットにしていたが、30〜50代の男性層にも好評で、現在は「桜えびと野沢菜」と「梅こんぶ」が発売されている(現在〈7/24時点〉では「枝豆チーズ」と「梅ゆかり」が販売中)。さらにその好評ぶりを受けて、弁当もシリーズに加わった。

一般の大麦に比べて約2倍の食物繊維量を含むというスーパー大麦“バーリーマックス”を加えたおむすび。「桜えびと野沢菜」と「梅こんぶ」ともに112円(7/24現在は「枝豆チーズ」と「梅ゆかり」ともに120円が発売中)。

 セブン−イレブンは、食物繊維が豊富に含まれるもち麦を加えたおむすびのテスト販売が好調で、全国で販売を開始。健康にいいのはわかるけど気軽に食べづらいといった声を考慮し、もち麦の配合を改めた。レタス1個分の食物繊維を含みつつ、より美味しく仕上げたことで好評を博し、今後も季節に応じて味わいを変え、もち麦配合のおむすびの発売を継続していく。

もち麦を加えることで食物繊維3.8gの摂取もできる「もち麦もっちり! 梅こんぶ」112円と、関ジャニ∞監修で3.2gの食物繊維が含まれる「もち麦もっちり! 7種具材の豆ごはん」121円。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ